屋根塗装した後に【雨漏り】原因と対策法とは?

どうもー!こんにちはー!あっきーと申します  🙂 

これからはみなさんに工事で失敗しないようにお役立ち情報として役に立てられたら嬉しいと思います!

 

第一弾・・屋根塗装した後に【雨漏り】原因と対策法です!👏

 

屋根塗装したのに雨漏りするなんてそんな事あるの?と思うかもしれませんが正しい知識がない職人が塗装するとよく雨漏りします…

その原因だけ簡単にお話しします。

黄色い枠の中に屋根材が上と下で重なり合ってるのがわかると思います。その重なってる所に本来、水の逃げ場として隙間をあえて開けてあげないといけないんです!

でもそれを知らないで塗装してしまうと外に出るはずの水の逃げ場がなくなってしまい内側に水が逃げてしまいます、、、

そして雨漏りしてしまうということです。本末転倒ですよね(-_-;)

 

じゃどうすればいいか?

重なってる所に隙間を開けてあげればいいんです 😀 

やり方は2種類あります。

1.タスペーサー挿入 工法

2.縁切り 工法

になります!

 

タスペーサー挿入工法はプラスチック製の三角型の物を屋根の重なり部分に差し込んでいく方法です!(下塗り後に挿入します)

これです!!!

 

2番目の縁切り工法はカッターや皮スキといった金物で隙間を開けていく方法です。

タスペーサーとの違いは下塗り後隙間を開けるのではなくて、上塗りが終わった後に開けていきます。

ザクザク開けていく感じです 🙁 

どちらも隙間を開けるというのは同じですが後者の方は隙間を開けるときにザクザクと音がでたり、傷がついてしまう恐れもありますし、せっかく塗装が仕上がったのに屋根の上を歩かないといけなくなります。

 

なので多少の材料代はかかってしまいますがしっかりとタスペーサーをいれてあげれば傷つくこともないし屋根を歩く必要もないのです!!

なので僕個人はタスペーサーの方が好きです 😀 

 

今回は屋根塗装後の雨漏りの対策法ということで2通りの方法を紹介しましたがいずれにせよ隙間は開ける様にしてください!

 

あと、屋根からの雨漏りは塗装直後だけではなく色々な原因がありますのでそちらも紹介出来ればと思います!

最後まで見ていただきありがとうございました 😀 


一覧ページに戻る