台風に備えて必要な事とは

台風に備えて必要な事

 

台風で起きる屋根の被害

日本列島は台風の来る場所ですし、どのぐらいの強さの台風がどのぐらいの回数訪れるかは地域によって平均がありますので、それを考慮して家を建てます。しかし建物の強度というのはコストパフォーマンスを勘案して設計するものなので、大災害レベルの想定外の台風が来ると、雨漏りが発生したり屋根が破壊されたりしてしまいます。大災害までいかなくても、屋根を含めた家というのは経年劣化するものなので、例年並みの台風であっても、去年までとは違って雨漏りが発生したり屋根が破壊されることがあります。

 

事前点検で防げる屋根被害

台風による屋根の被害を事後にチェックしてみると、多くの屋根被害は事前チェックとその段階での修理で防げたことが分かります。具体的には下記のようなことです。

 

  • 棟板金の剥がれ、落下、飛散
  • ベランダ・カーポートの屋根の破損・飛散
  • 雨樋のはずれ、落下、飛散
  • 屋根材のずれ・落下
  • 金属屋根材の剥がれ

 

これらは台風の来る前にチェックしてそのときに修繕しておけば、台風による被害も起きなかったし、修理代もずいぶんと安上がりで済んでいたはずです。

規格外の台風が来るかどうかは事前には分かりませんが、台風シーズンは毎年必ずやってくることは明白なので、もったいない話だと思います。

 

事前点検では防げない屋根被害

全ての台風の屋根被害が事前チェックと修繕で防げるわけではありません。

正常な状態の屋根でも想定外の風が吹いて瓦やスレートが外れて飛ぶことはありますし、風で障害物が飛来してぶつかるという自体は予防しようがありません。

 

残念な災害便乗商法

台風のシーズンは屋根修理業者のハイシーズンです。例年並みの台風であっても、築年数がたって劣化してしまった家屋は一定数ありますので、屋根の破損はその地域で一定数発生します。

しかし、特に強い台風が発生したり、局地的に大きな被害が発生すると、そこには災害に便乗する業者が出てきます。台風で雨漏りが発生したり、屋根の破損等の見るからに緊急の状態になってしまって、住んでいる人もこれはもう放置できないと覚悟するのですが、どこに連絡しても予約が詰まっていて今すぐ対応してくれない。しかし台風以外でも雨は降りますし、次の台風もやってくるでしょう。そういったときに、「今すぐ修理できます」「今ならお安く修理できます」といった業者が出てきます。直接お宅を訪問する場合もあるかもしれません。なにせ屋根が破壊されている家やブルーシートを被せている家は目につきますから。

このような業者の中にも優良で誠実な業者がいないとは限りませんが、このような状況で優良な業者がたまたま自分の目の前に現れて、ていねいな仕事を安く手早くしてくれると期待するのは無謀というべきでしょう。

 

普段から信頼できる業者との付き合いを

事前チェックといっても、見知らぬ「専門家」が屋根に上がって「胸板金」のような専門用語で「このままだと台風が来たら雨漏りしますよ。今のうちなら安く修理できます」といわれても、ではこれが信用できるのかというと、やはり怪しいことは怪しいです。

しかし、家や屋根はメンテナンスフリーではありません。運良く強い台風がこなくても、一定の年数が経てばメンテナンスをする必要があります。(例えばスレート屋根の再塗装は10年が目安と言われます。)ですから、どのみち業者との付き合いは必要なのです。ならば、いざ台風が来て屋根が破損し雨漏りが発生し悪徳業者がウヨウヨしている状況から信用できる業者探しを始めるよりも、台風シーンの前のまだ問題の起こっていないうちに、事前の情報収集をして信頼できそうな業者と実際にあって話を聞いて良さそうなところを探しておくというほうが、合理的なやり方だと言えるでしょう。

 

 


一覧ページに戻る