クリア塗装とは

クリア塗装とは?メリットとデメリット

クリア塗装は、家の外観をそのまま維持したい方におすすめの塗装方法です。外壁の塗り替えでは、色のついた塗料を使用するのが一般的ですが、このように透明な塗料を使って塗装する方法もあります。ただし、すべての外壁材に使えるわけではありません。本記事では、クリア塗装について、そのメリットやデメリットを含め、詳しく解説します。

クリア塗装

クリア塗装は、読んで字のごとく、透明な塗料「クリア塗料」を使って塗装する方法です。普通の色つき塗料と同じように、アクリル系、ウレタン系などの種類があり、それぞれ価格も耐用年数も異なります。

もっともリーズナブルなクリア塗料はアクリル系で、耐用年数は長くても8年程度ですが、価格は1㎡当たり1,500円前後です。

ウレタン系のクリア塗料は、8~10年程度はその効果が持続するといわれています。価格は1㎡当たり2,000円前後です。

シリコン系のクリア塗料は、耐用年数10~12年ほどで、価格は1㎡当たり2,600円前後です。

フッ素系のクリア塗料は、長いものだと15年程度効果が持続します。価格相場は1㎡当たり4,400円前後と高額ですが、耐用年数を考えると費用対効果は高いといえるでしょう。

普通の色つき塗料同様、UVカットなどの機能性を持つ製品もあります。

クリア塗装のメリット

クリア塗装には、「クリア」であることでさまざまなメリットがあります。

外観を変えずに塗装

最近はデザイン性の高い建物が増えていることもあり、塗り替えの時期を迎えても、そのままの外観を保ちたいと考える方が増えています。クリア塗装なら、オリジナルのデザインやカラーをそのまま保つことが可能です。

ツヤ出し効果

クリア塗料を外壁に塗るとツヤが出ます。このツヤの中にもレベルがあり、まったく光沢感のない「ツヤ消し」のほか、やや光沢感のある「3分ツヤあり」などの製品が選べます。外壁のデザインやカラーとのバランスを考えて選ぶといいでしょう。

外壁の保護

これは普通の色つき塗料と同様です。クリア塗装により外壁材が保護され、耐久性が向上します。

クリア塗装のデメリット

建物の雰囲気を変えずに外壁を美しく保護してくれるクリア塗装ですが、デメリットももちろんあります。

シーリング材には使えない

外壁材は、取り付けの際に目地の部分をシーリング材で埋めます。クリア塗料は、このシーリング材の部分には塗れません。割れや剥がれが発生する場合があります。

塗装できない外壁材がある

クリア塗料を塗装できない外壁材もあります。もっとも適しているのはサイディングボードですが、たとえば表面にコーティングが施されている外壁材や、光触媒の機能が付与された外壁材などには塗装不可です。このような外壁材にクリア塗装すると、塗装剥がれの原因になります。

汚れや修復の痕跡が目立つ

クリア塗装は、建物の外観を保持しながら、美しく外壁を保護し、機能性を付与することが可能なすばらしい塗装方法です。しかし、外壁にある修復の痕跡や劣化は、クリア塗料を塗ることでかえって目立ってしまう場合があります。このような外壁にクリア塗装を行う場合は、一度色つきの塗料で痕跡や劣化を修復してから行うといいでしょう。

クリア塗装向きの外壁

クリア塗料は、ご紹介したように、すべての外壁材に塗れるわけではありません。ここからは、クリア塗料と相性のいい外壁材をご紹介します。

サイディング

デザインの豊富なサイディング外壁は、クリア塗装との相性が抜群です。サイディングのほとんどは、「窯業系サイディング」と呼ばれるセメント系のもので、カラーやデザインが美しいことから、多くの建物に使われています。

打ちっぱなしコンクリート

現代的でおしゃれな雰囲気を醸し出せることから人気の打ちっぱなしコンクリート。ただ、そのままでは防水効果が弱く、汚れも目立ってしまうため、クリア塗装をすると効果的です。

モルタル

ナチュラルな雰囲気が魅力のモルタルも、クリア塗料との相性のいい、どちらかというと仕上げ材です。サイディング外壁の仕上げによく使われます。モルタル専用のクリア塗料も販売されていて、モルタルを保護するとともに、ツヤを与えてくれます。

木材にもクリア塗装

外壁材ではありませんが、クリア塗装は木材にも向きます。木はむき出しの状態だと雨水などの影響ですぐに傷んでしまうため、クリア塗料で塗膜を作り保護すると効果的です。

まとめ

クリア塗装は、建物の外観を変えずに外壁を美しく保護してくれる、とてもメリットの多い塗装方法です。ただ、外壁材や現在の外壁の状態によっては、普通の色つき塗料で塗装したほうがよい場合もあります。シーリング材や、コーティングが施された外壁材には使えません。また、補修の痕跡の上からクリアを塗ると、痕跡が目立ってしまうことがあります。そのため、外壁が劣化する前にクリア塗装を行うことが大切です。現在、クリア塗装を検討中の方は、まずは施工可能かどうか、業者に外壁のチェックを依頼することをおすすめします。

 

 


一覧ページに戻る