タイル外壁の特徴

タイル外壁の特徴
タイル外壁は、数ある外壁材の中でも高い耐久性を備えているためとても人気です。ほぼメンテナンスの必要がないともいわれるタイル外壁。この記事では、そんなタイル外壁について、その特徴を中心に解説します。
タイル外壁
粘土などを成形して作られるタイル外壁の特徴をご紹介します。
高級感のあるルックス
タイルは、外壁材のほか、床、浴室などにも使用されます。タイルはほかの外壁材よりも立体感があるため、タイルの外壁が貼られた住宅は、印象的で、高級感のあるルックスに仕上がります。
耐久性
外壁材の役割は、ルックスをよく見せるだけではありません。天候などの外的要素から建物を守る役割もあります。タイル外壁は、コンクリートやサイディングなど、ほかの外壁材よりも優れた耐久性を持っています。色あせしにくいだけでなく、強度も併せ持っているのです。強い地震の際に剥がれ落ちることを心配される方もいらっしゃいますが、適切に施工を行っている限り、そのようなことはありません。
素材や形状の選択肢が多い
タイル外壁は、素材や形状の選択肢が多いことも特徴です。1250℃以上という温度で焼かれた「磁器質」のタイルは、水をほとんど吸い込まず、とても高い強度を誇ります。一方、1200℃程度で焼かれる「せっ器質」のタイルは、水をやや吸い込むものの、レンガのような味わいを備えています。
形状もさまざまなものがありますが、もっとも一般的なのは、正方形や長方形の平物タイルです。そのほかに、施工のしやすさが追求されたユニットタイルや、角などに使用される特殊な形状をした役物タイルがあります。
導入費用がかさむ
タイルは美しく丈夫ですが、その代わり、初期の導入費用がかさみます。種類も多く「こだわれるアイテム」ですが、予算をオーバーしてしまうため、ほかの外壁材を選ぶという方も少なくないようです。タイル外壁にする場合は、サイディングの倍程度の費用がかかります。
タイル外壁はメンテナンスが楽
タイルは、ご紹介したように耐久性が高いため、基本的にはメンテナンスフリーです。ほかの外壁材の場合は通常、塗装によるメンテナンスが必要ですが、タイル外壁の場合は必要ありません。ただ、完全にお手入れが必要ないわけではないことに注意が必要です。たとえば、目地のシーリング材は劣化するので、10年周期で補修する必要があります。また、いくら耐久性が高くても雨風にさらされれば汚れてしまうので、年に1回程度、高圧洗浄機を使って全体を洗うといいでしょう。壁をきれいにすると、もしヒビなどができていたとしても見つけやすくなります。建物をより長く使うために、定期的な洗浄を必ず行いましょう。
タイル外壁のメンテナンスは、比較的リーズナブルに行えます。導入費用が高いといわれるタイル外壁ですが、メンテナンスの回数や費用などを考えると、実はかなり費用対効果の高い外壁材です。
タイル外壁の場合、目安となるメンテナンスの費用は50万円ほどです。サイディング外壁の場合は、140万円ほどかかります。もちろん、この数値は外壁の面積や環境、業者により異なりますが、これだけ差があることを考えると、長い目で見ればタイル外壁がかなりお得になることがわかります。
タイル外壁でも劣化する
強度や耐久性に定評のあるタイルでも、経年により劣化することはあります。主な劣化症状について解説します。
白華現象
白華現象は、エフロレッセンスとも呼ばれる自然な劣化です。モルタルやコンクリートの内部から、表面に白い物質がしみ出してきます。うわ薬の塗られていないタイルやレンガなどでよく発生する現象です。白華現象が見られたら、どこからか水が入り込んでいないかチェックしましょう。
ヒビ割れなど
耐久性の高いタイルですが、ヒビ割れることもまれにあります。ヒビ割れたタイルはそのままにせず交換するのが無難です。シーリング材などを使用して補修する方法もあります。
剥がれなど
タイル自体に問題がなくても、モルタルや接着材などの下地に問題が発生し、タイルが剥がれてきたり、浮いたりすることがあります。施工不良や経年劣化が主な原因です。このような不具合が見つかったら、モルタルなどで補修しましょう。
タイル外壁の補修方法
ほぼメンテナンスフリーのタイル外壁でも、ご紹介したような劣化や不具合が出ることがあります。このような場合は、なるべく早く業者に点検・補修してもらいましょう。タイル外壁は、魅力的なルックスが特徴ですが、補修すると魅力が失われてしまう場合があります。クリアを塗ることで雰囲気を保ちつつ補修できる可能性もあるので、こちらも業者に相談してみましょう。
タイル外壁は、強度・耐久性ともに高く、メンテナンスにもあまり手がかかりません。初期の導入費用はかさむものの、長い目で見れば、ほかの外壁材よりもコストパフォーマンスはよいといえます。10年に1度ほど補修するだけで美しさをキープすることが可能です。


一覧ページに戻る