原因がわからない雨漏りの実態

原因のわからない雨漏りを特定するには
雨漏りは、ぱっと見ただけでは原因がよくわからない場合があります。そのまま放置してしまうと、家はどんどん劣化していってしまうので、早急に原因を特定しなければなりません。この記事では、雨漏りが起こる仕組みや発生しやすい場所、緊急時の処置の方法などについてご説明します。
雨漏りが起こる仕組み
雨漏りは、どこからか雨水が建物内に入り込み、天井や壁などにシミを作ったり、水滴を室内にしたたらせたりする現象です。どこから雨水が入ってきたのか特定することが難しい場合も多く、とても厄介です。複数箇所から雨が流れ込んでいるケースもあります。雨漏りの原因はさまざまですが、経年劣化や施工不良、荒天や地震などを発端とするケースが多いようです。
雨漏り以外の原因も考えられる
雨漏りの原因が特定できない場合、雨以外の何かが原因になっている可能性があります。もっとも多いのは結露や漏水です。結露は屋内外の温度差により湿気が発生する現象で、カビや腐食などを発生させるため、換気を十分に行うなどして対策しましょう。漏水は、配管にヒビ割れなどの異常が発生して水が漏れている状態です。水道の使用量が急に上がるので、比較的気づきやすいといえます。速やかに業者に調査を依頼しましょう。
雨漏りを放置しない
なかなか原因を特定しにくい場合もある雨漏りですが、放置しても状況は悪くなる一方なので、速やかに業者に連絡して調査、修理してもらいましょう。修理せずに放置すると、建物の躯体まで腐食が達してしまうため、建物の寿命を短くしてしまう危険があります。

雨漏りが発生しやすい部位
雨水は、建物のさまざまな場所から内部に侵入してくる可能性があります。
屋根
屋根材や、棟板金、防水シートなどの劣化により発生するケースと、軒先や雨の通り道となる雨樋周辺から雨漏りが発生するケースがほとんどです。
外壁
外壁からの雨漏りは思いのほか多く、シーリング材などのヒビ割れから水分が入り込んで発生することがほとんどです。外壁から水が入り込むと、断熱材や建物の構造部分にまで水が到達してしまうことがあります。家の中からは気づけないケースも多く、被害が大きくなりがちです。
窓周辺
窓周辺にあるサッシの取り付けにはシーリング材が使われますが、この部分にヒビが入り、雨水が入り込むケースがあります。
ベランダ
ベランダ付きの建物の場合は、排水口や雨樋、防水層のヒビなどから雨水が入り込み、雨漏りを引き起こすことが多いようです。特に排水口が詰まると雨水の池がベランダにできてしまうため、雨漏りを起こしやすくなります。
屋上
屋上は、屋根同様、常に紫外線や天候の影響を受けているため、劣化が進みやすい場所です。ヒビ割れから雨水が入り込むケースもあります。屋上は傾斜がほとんどなく、排水口の詰まりにより水がたまりやすいので、こまめに排水口を掃除しておくとよいでしょう。
応急処置の方法
もし雨漏りの発生に気づいたら、すぐに行動しましょう。業者に調査・修理してもらうことが重要ですが、まずは応急処置を行います。
雨漏りしている場所の下にブルーシートやタオルなどを敷き、バケツで雨水を受けます。サッシなど、手が届くところであれば、水が漏れ出てくる場所に雑巾などを当てて対処しましょう。天井でも手が届くようであれば、このようにして水を吸収させてもいいのですが、落下の危険がある場合は控えましょう。間違っても、原因がはっきりしないのに屋根に上がってシートをかぶせるようなことをしてはいけません。応急処置をしたら、あとは専門の業者に任せましょう。
日頃のメンテナンスが重要
結局、雨漏りを防ぐのにもっとも大切なのは、日頃のメンテナンスです。屋根はもっとも目につく部分でありながら、近くではなかなか見ることがないため、住んでいる人は意外に屋根の状況を知ることができません。屋根は常に気象条件や紫外線の影響を受けているためとても傷みやすく、経年によりこの傷みが進行するとヒビが発生し、雨漏りの原因となります。外壁も、屋根ほどではありませんが、風雨にさらされることが多いため、やはりダメージを受けやすい場所だといえます。雨漏りを防ぐためには、屋根や外壁が本来の性能を発揮できるよう、定期的にメンテナンスしてあげることが大切です。
その定期的なメンテナンスの代表格が塗装です。塗装には、外観を美しく保つ働きもありますが、もっとも大切な役割は、屋根材や外壁材を保護することです。塗装が雨風から家を守っているといっても過言ではありません。塗装は、使用する塗料の耐用年数により異なりますが、10年程度を目安に行います。屋根や外壁にカビやコケ、サビなどが見られるようなら、塗装や葺き替えを検討しましょう。
雨漏りが発生しやすい場所はありますが、一般の方が原因を特定することは難しいため、もし雨漏りが発生したら、応急処置をするにとどめ、速やかに専門の業者に調査と修復を依頼しましょう。


一覧ページに戻る