塗装に使われるシーラーとは

塗装に使われるシーラーとは
外壁塗装においてシーラーはとても重要な役割を果たしています。シーラーは、塗装の下に塗る塗料のことです。この記事では、シーラーとはどんなものなのか、なぜ必要なのか、などについて解説していきます。
下塗り用塗料・シーラー
屋根や外壁の塗装の際、最初に塗られる下塗り用の塗料です。
下塗り用塗料
シーラーは、塗装の基礎となる塗装です。英語のsealには「接着する」「ふさぐ」「覆う」などの意味がありますが、まさにシーラーは、塗装面をまず「覆う」ための役割を果たします。塗装は1回で仕上げるものではなく、下塗りを含めて3回行います。シーラーは、下地を整えるために塗られるもので、下地の種類や状態、上に塗る塗料との相性を考えて適切なものを選択します。
プライマーやフィラーとの違い
下地処理のために使われるのはシーラーだけではありません。プライマーやフィラーなども下地に使われます。これらとシーラーは何が違うのでしょうか?
プライマーは、「初め」を意味するprimeという英語を語源とする言葉で、いわば、最初の塗料。実際は、重ね塗りする塗料と塗装面がうまく密着するよう、下地に塗られます。基本的にシーラーは下地に染み込ませますが、シーラーとプライマーは、役割的には同じだと考えていいでしょう。
フィラーは、モルタルのヒビなどを補修するために使います。重ね塗りする塗料をきれいに塗るために、モルタルの下地表面をスムーズにするのがフィラーの役割です。
なぜ必要なのか?
下塗りは、塗装工事においてもっとも重要な作業といっても過言ではありません。なぜシーラーが必要なのでしょうか?
シーラーが下地と上塗り塗料をつなぐ
塗りは3回に分けて行われますが、中塗り塗料や上塗り塗料には密着性がありません。そのため、下地とこれらの塗料の間に、密着性を持つシーラーを挟むことで塗料が定着します。シーラーの塗りが甘いと、塗装は劣化しやすくなるので、もしも塗装を3回行わない業者に出会った場合は、その業者は限りなく悪徳業者に近いといえるでしょう。
上塗り塗料の下地への染み込みを防止
シーラーを塗らずに、下地に直接上塗り用の塗料を塗ってしまうと、塗料は下地に染み込んでしまいます。こうなると、塗装ができたとしても、とんでもなくムラになってしまうでしょう。
機能性の付与
シーラーには、カビやサビを防ぐ機能や、遮熱機能などが備わったものがあります。下地を固めるのもシーラーの機能のひとつです。シーラーが存在することで、重ね塗りされる塗料の性能をフルに発揮させられます。
塗料をより鮮やかに見せる
シーラーを塗ることで、重ね塗りする塗料のカラーをより鮮やかに見せることが可能です。
シーラーのタイプ
シーラーは大きく2つのタイプに分類できます。
水性タイプ
水性タイプのシーラーは、あまり劣化していない下地に向いています。劣化が進んでいる下地だと、水性タイプのシーラーをうまく吸収しきれないのです。水性タイプのシーラーはニオイが少なく、室内塗装でも使えます。
油性タイプ
油性タイプのシーラーは、シーラーに含まれている成分を揮発させて塗膜を作ります。下地へもよく染み込み、短時間で乾くという特徴があります。ニオイが強いことはマイナスの要素ですが、劣化が進んだ下地との相性は抜群です。
このほか、機能性を持つものには、以下のようなものがあります。
・ヤニ止めシーラー
ヤニ止めシーラーは、その名のとおり、タバコのヤニなどのシミに強いシーラーです。天井や室内の壁などでの使用に向きます。
・コンクリート強化シーラー
コンクリート強化シーラーは、モルタルなどの下地を強化するために使います。塗料の吸収を抑制することで、耐久性の向上に寄与します。
・カチオンシーラー
カチオンシーラーは、内外壁に幅広く利用可能なシーラーです。下地に浸透するタイプと、被膜を作るタイプがあり、経済性や上塗り塗料の密着性などに優れています。
外壁塗装の流れ
ここで外壁塗装の流れをチェックしておきましょう。外壁塗装は「塗り」の作業を3回に分けて行い、このどれもが重要です。
まずは外壁のクリーニングを行います。高圧洗浄機で汚れを落とし、その後、ヒビ割れなどの異常がないかを確認、必要に応じて、補修しながら作業を進めます。
つづいて下塗りです。重ね塗りする塗料との密着性を上げることが下塗りの目的です。
その後、2度目の塗り(中塗り)で下地に色付けします。このままではまだ塗装にムラがあるので、3度目の塗り(上塗り)にて修正します。全体を仕上げたら塗装作業完了です。

シーラーの重要性
シーラーを使わずに塗料を塗ってしまうと、ご紹介したように、塗りムラができたり、塗料が持つ性能を発揮できなかったりと、さまざまな不具合が発生します。シーラーは下地と塗料を強固につないでくれる存在です。トラブルを防ぐためには、信頼できる塗装業者に作業を依頼しましょう。


一覧ページに戻る