外壁を白にするデメリットとは?白で後悔しないコツもご紹介します!

外壁の色は家の印象を大きく左右します。
そのため、「清潔に見せるために白にしたいけど、汚れが目立って汚く見えるのでは?」とお考えの方も多いでしょう。
そこで今回は、外壁を白にするデメリットについてと、白い外壁に合う色の選び方について紹介します。
外壁の色でお悩みの方は是非参考にしてください。
 

□外壁を白にするデメリットはある?

 
外壁の色を白にすると発生するデメリットについて、ここでは3つ紹介します。
 
1つ目は、汚れが目立ちやすいことです。
これは、白い外壁の最大のデメリットといえるでしょう。
特に空気中に舞うほこりや泥が雨で流れたときの黒い汚れが目立ちます。
 
また、コケやカビ、お子さんがいる家庭はお子さんが遊んだ時に付いた汚れなど、生活していくうえでつく汚れがとても目立ってしまいます。
さらに、経年劣化によっても外壁は汚れます。
そのため、薄汚れている壁という印象を与えてしまいます。
 
こういった汚れは、付けないように生活することは難しいため、定期的なメンテナンスが必要です。
 
2つ目は、白一色だと単調になってしまうことです。
白はシンプルなため、塗ったばかりの時はきれいで清潔な印象を与えるでしょう。
しかし、毎日みることで目が慣れてくると、単調に感じてしまいます。
 
そう感じないようにするためには、付帯部分の色を濃いものを選ぶことでアクセントにしたり、ツートンにするのもおすすめです。
また、模様がついた素材をいれると、デザインに変化がつけられ、飽きることのない外壁になるでしょう。
 
3つ目は、光の反射がまぶしくなることです。
白は光を反射する特徴があるため、太陽光が反射して、自分たちだけでなく、近隣住民にもまぶしく見えてしまい、苦情がくる恐れもあります。
そのため、白ではなく、クリーム色やアイボリーなどの優しい色にするといいでしょう。
 

□白い外壁に合う色の選び方について

 
白は1色だと単調ですが、他の色とあわせやすい色でもあるため、様々なパターンがあります。
また、組み合わせる色によって印象が大きく変わるため、慎重に選ぶことが大切です。
 
例えば、白と黒のツートンの外壁にすれば、モダンな雰囲気を演出できます。
また、色の配置によっても印象は左右されるため、手前に持ってくる色をどっちにするかなども慎重に考えましょう。
 
白とブラウンの組み合わせは、温かみを演出できます。
また、白をクリーム系の色にすることでよりマイルドな印象を与えられます。
 
白とレンガは北欧風に仕上げられます。
白い外壁にレンガが加わるだけで、一気に高級感がでます。
外壁に使わなくても、ポイントだけ入れたり、塀や門にレンガを使用する方法もあります。
 

□まとめ

 
今回は、外壁を白にするデメリットについてと、白い外壁に合う色の選び方について紹介しました。
外壁で迷われている方に役立てていただければ幸いです。

一覧ページに戻る