お役立ち情報

チョーキング現象とは?

チョーキング現象とは?

 

チョーキング現象は、外壁などに施された塗装の塗膜が紫外線などの影響により劣化し、粉を吹いたような状態になる現象です。

白亜化などと呼ばれる場合もあります。チョーキング現象は、劣化の証しであり、塗装を塗り替える目安ともいえます。

ただ、日頃から注意深く観察していないと見逃しがちなサインです。この記事では、チョーキング現象について詳しく解説しています。

 

 

塗装に粉!チョーキング現象

 

外壁に触れると指に白い粉が付いてくる。これはチョーキング現象です。外壁は常に日射しや雨風にさらされています。

その中でも紫外線は外壁に施されている塗装の大敵です。塗装に含まれている顔料が、紫外線と反応すると粉末状になり、塗装面に現れる…

これがチョーキング現象の正体です。

 

チョーキング現象は、このように自然の力で発生するのが一般的ですが、塗装や作業の不具合により発生することもあります。

塗料の寿命よりも早くこのチョーキング現象が発生した場合は、何らかの施工不良を疑ったほうがよいでしょう。

 

チョーキング現象が発生している外壁は、水をかけると変色しますが、チョーキング現象が発生していても判断しづらい外壁もあります。

塗装のカラーにより、粉が白ではなくほかの色の場合もあるので、判断できない場合は塗装業者にチェックを依頼したほうがよいでしょう。

 

 

チョーキング現象を放置すると…

 

チョーキング現象を放置すると、塗装がこれまで担ってきた役割がだんだん果たせなくなります。

水分が外壁に滞留しやすくなると、カビやコケが発生します。

こうなると外壁に細かいクラックなどが発生しやすくなり、そこを通して水分が建物の内部に侵入してしまうかもしれません。

湿気が建物の内部に入ってしまうと、雨漏りや害虫の発生にもつながるのでとても危険です。

 

 

チョーキング現象が発生した外壁を修復する方法

 

チョーキング現象が発生した外壁の修復は、塗装の塗り替えで対処するのが一般的です。

修復は以下のような手順で行います。

 

外壁の洗浄

チョーキング現象の発生している外壁は、まず高圧洗浄機にて洗浄を行います。

最近は高圧洗浄機もかんたんに手に入りますが、チョーキング現象が発生してもろくなっている外壁の洗浄は難しいので、

DIYではなく、塗装業者に任せてください。この洗浄作業は非常に重要で、この良し悪しが塗装の仕上がりを大きく左右します。

 

下塗り

外壁の洗浄作業が終了したら、塗料を定着させるための下地となるプライマーやシーラーといった下塗り剤を塗ります。

しかし、その前に外壁には、経年により何らかの異常が発生している場合もあるので、これについても十分にチェックします。

クラックが発生している場合もあるので、その場合は補修を終わらせてから下塗り剤を塗ることが大切です。

 

上塗り

洗浄と下塗りが終わったら、外壁用の塗料を塗ります。予算や外壁に求める機能などを考慮して塗料を選びましょう。

近年は、遮熱性や遮音性の高い機能性塗料も販売されています。塗装作業を依頼する業者に相談してみるとよいでしょう。

 

 

チョーキング現象の修復費用の目安

 

チョーキング現象は、塗装が劣化したサインなので、基本的には塗装工事により修復するよりほかありません。

言い換えれば、塗り替えるだけでチョーキング現象は修復できます。修復費用は、塗装面積が増えるほど高くなります。

シリコン塗料を使用して塗装する場合の目安は以下のとおりです。

 

10坪:30万円前後

20坪:60万円前後

30坪:80万円前後

40坪:100万円前後

 

早めに異常に気づければ、それだけ修復費用も安く済ませられます。

外壁の異常は、ただ眺めるだけでは気づけないことも多いので、ときどき近くで触ってみるのは大事なことです。

 

 

チョーキング現象に気づいたら、絶対にやってはダメなこと

 

チョーキング現象にせっかく気づいたのに、間違ったことをしてしまっては家を傷めることになってしまいます。

絶対にやってはダメなことを以下に紹介しておきますので、家を大切にしたい方は、必ずチェックしておきましょう。

 

ブラシで洗う

チョーキング現象に気づいても、DIYでブラシを使ってゴシゴシ洗わないでください。

塗り替え前は、外壁を洗浄しますが、この作業は職人が塗装の前作業として行うべきものです。

当然ながらDIYでは手の行き届かない場所が出てきますし、足場もないので危険です。

きれいになったように見えても、結局は外壁に傷をつけているようなものなので、ブラシを使ってゴシゴシ洗うことは避けてください。

 

DIYで塗装

DIYでの洗浄もダメですが、DIYでの塗装もダメです。

塗装で重要なのは、上塗りももちろん重要なのですが、下地をしっかり処理することと下塗りです。

これこそが職人の腕の見せどころ…というところなのに、ここをDIYでやってしまうと家自体にダメージが加わってしまいます。

どうしても費用を抑えるのであれば、信頼のおける塗装業者を探すことが得策です。

チョーキング現象にお悩みの方は、マナカリフォームまでご連絡ください。

 

 

千葉市で外壁塗装ならマナカリフォーム株式会社にお任せください。

メールにてお問合せください。


パラペットとは?

パラペットとは?

 

パラペットをご存じですか?パラペットは、一般住宅にはほとんど設置されていません。

どちらかというと、マンションやビルのバルコニーや屋上部分に設置されています。パラペットは、こういった場所の外周部にある「壁」のことです。

 

その役割はいくつかありますが、防水、転落防止や外観をよく見せるために設置されるのが一般的です。

この記事ではパラペットについて、メンテナンスのことも交えながらご説明していきます。

 

 

パラペット

 

パラペットは、一般住宅ではあまり見られませんが、主に防水性を確保する目的で設置されている壁です。

一般住宅では、多くの場合、屋根に傾斜をつけて水を流しています。

しかし、マンションでは、多くの場合、屋根に傾斜がない陸屋根が採用されているため、このままではうまく水を流すことができません。

そこでパラペットの出番です。

 

パラペットは、屋根の周囲に傾斜のある排水溝を作り、そこから水を排水パイプまで導き、階下へと排水するシステムです。

このパラペットは、マンション、ビルのバルコニーや屋上部分に設置されていることからもわかるとおり、

これまでは陸屋根式の住宅に設置されることが多かったのですが、最近では注文住宅やおしゃれなデザイナーズ住宅にも取り入れられるようになっています。

最近は陸屋根式ではなく、排水効率のよい片流れ式の屋根にパラペットを設置するという画期的なアイデアを採用した住宅もあるようです。

 

パラペットの働きとは

 

一般住宅にはあまり設置されていないため、パラペットという呼び名になじみがないという方もいらっしゃると思います。

しかし、ご紹介したように、最近は注文住宅などにも取り入れられるようになり、徐々にその認知度は上がってきているようです。

パラペットの主な働きは、防水効果を向上させることと、転落を防ぐことです。

 

実はこのパラペットの働きが、パラペットの周辺に思わぬ影響を及ぼします。

パラペットが防水効果を高めるため、逆に周辺部分が雨漏りを引き起こしやすいのです。

 

もちろん、パラペット自体も経年により劣化します。パラペットは、言ってみれば、下階に水をこぼさないための仕組みです。

そのため、パラペットの内側には排水溝が設置されています。この排水溝を通った水は、排水パイプを通って下へと排出されます。

排水溝周辺には、水が漏れないようにシーリングなどが施されていますが、経年劣化が起こりやすいのはこのような場所です。

 

また、パラペットは構造上、天板になっている部分に雨水が入りやすく、

特に激しい嵐などの際に、天板部に大量に雨水が浸入すると、雨漏りを引き起こしやすくなります。

さらに、内樋や排水溝に落ち葉やゴミなどがたまりやすく、水をせき止めてしまうこともあります。

 

おそらく、皆様の中にもこのような状況を見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのため、パラペットの周囲は、定期的にチェックして、劣化が確認された場合は、しっかりメンテナンスを行うことが重要です。

 

 

構造上、雨漏りしやすいパラペット

 

パラペットは、その構造上、どうしても雨漏りしやすいことがデメリットです。

一般的な住宅とは異なり、排水溝の下には、多くの場合、すぐに部屋が位置しています。

 

 

パラペットの不具合を修復する方法

 

パラペットの不具合の修復は、その役割からもわかるように、主に防水工事となります。

不具合の発生したパラペットは、どのような方法で修復するのでしょうか。

 

・コーキング

外壁の防水でもおなじみのコーキング。雨漏りを引き起こす原因になっている場所を修復する場合にもコーキングが使用されます。

コーキングは基本的に、接合部を接着したり埋めたりするのに使用されますが、修復作業の際にも使われます。

 

・板金工事

パラペットから流れてきた水が集まる場所には内樋が設置されています。この内樋部分も劣化しやすい場所です。

ここにはトタン板が使われていることが多いのですが、現在は耐久性の高いガルバリウム鋼板が使われるのが一般的になっているようです。

 

・防水シートの劣化を修復

 

防水シートが劣化すると、その劣化部分から水漏れが生じてしまいます。

状況次第ですが、張り替えで対応することが多いようです。

 

 

パラペットとその周辺が疑わしい場合、まずは点検を

 

パラペットは、構造上、そのものや、その周辺に浸水トラブルが発生しやすいという特徴があります。

ただ、その不具合が発生している場所を特定しづらいため、メンテナンスを行う場合、まずは専門の業者に依頼して、点検してもらわなければなりません。

コーキング程度で済めばよいのですが、場合によっては下地にある防水シートまで点検する必要があります。

 

とにかく、大切なのは定期的に異常をチェックする習慣を身につけることです。

そうすれば、迅速に適切な対応がとれるでしょう。パラペット周辺の不具合を現在、疑っている方は、ぜひマナカリフォームまでご連絡ください。

 

 

千葉市で外壁塗装ならマナカリフォーム株式会社にお任せください。

メールにてお問合せください。


軒天とは?塗装修理で対応できる症状

軒天とは?塗装修理で対応できる症状

 

 軒天は、建物の外部にある「軒の天井部分」のことです。付帯部分に当たるため、若干、見逃されがちではありますが、

建物においてはとても大切な役割を果たしています。

 この記事では、軒天に発生した不具合別に、塗装修理の可否について解説していきます。

 

 

軒天とは?

 

 軒天とは、一般的な住宅において、外壁部分から住宅の外側に向けて設置されている屋根「軒」の裏側にある天井部分のことです。

「軒先」という呼び方のほうが聞こえがよいという方もいらっしゃるかもしれません。

 確かに、この軒天部分はさまざまな名前で呼ばれています。軒天は今ひとつ目立たない部分なので、メンテナンスも忘れられてしまいがちですが、

雨漏りなどの不具合に発展する可能性があるので、やはり定期的なチェックとメンテナンスが必要です。

 

 軒天があることで、建物のエクステリアは美しく見えます。軒天は屋根裏に直接つながる部分です。

万一、火災が発生した場合でも、軒天が存在することにより、屋根裏まで火が直接広がることを防ぐことができます。

また、軒天に通気口や換気口を備えると、屋根裏の通気性を確保することも可能です。

 

 

軒天に使われる素材

 

 軒天には、主にケイ酸カルシウム板や合板が使われています。また、古い家屋の場合は合板か化粧板が使用されているのが一般的です。

合板は、薄くスライスした板を貼り合わせただけの木材なので、軽さはあるものの、強さはありません。

そのため、合板や化粧板の軒天は劣化しやすく、そうなると外見も悪くなってしまいがちです。

 

 ケイ酸カルシウム板は、比較的最近の住宅に使われている素材ですが、1980年代頃に建てられた住宅の場合、ア

スベストが含まれている場合があるので注意が必要です。

 

 

軒天に発生しやすい劣化症状とは

 

 軒天は、目立たないようでいて目立つ場所です。風雨の影響を受けやすい場所でもあるので、劣化の症状が出ていないかどうか、定期的にチェックする必要があります。

一部に劣化が発生しただけでも、放置してしまうと損傷がほかの部位にも及んでしまうため、見つけたら早めに対処することが重要です。

 

 

塗装で修理可能な劣化症状

 

 基本的に、早い段階で気づいた劣化症状であれば、塗装にて修復することが可能です。

 

・チョーキング

 外壁などで発生するチョーキング現象は、軒天で発生することもあります。

チョーキングは、塗膜が劣化することにより、外壁などが白く粉を吹いたような状態になることです。

チョーキングが発生しただけであれば、塗装によるプロテクト効果が低下しているだけなので、塗装をすれば機能を取り戻すことができます。

 

・色あせ

 軒天に直接太陽光が当たることはありません。しかし、軒天も照り返しなどの影響で、だんだんと色があせてきます。

色あせただけであれば、特に機能的な問題はありません。

しかし、これは劣化の初期症状なので、この段階で塗装を検討することは間違いではありません。

 

・塗装のはがれ

チョーキングのような劣化ではなく、塗装面がはがれて、みすぼらしく見えてしまう劣化もあります。

これは建材がむき出しになっている状態なので、できるだけ素早い対応が求められます。

ここから水分が入り込んでしまうと腐食が進み、ほかの部分へと傷みが広がってしまうため、塗り替えで対応するとよいでしょう。

 

・カビが発生

カビはすでに軒天に湿気が含まれていることを示しています。これはすでに軒天の塗膜に劣化が生じている証拠です。

特に建物の北側は湿気が留まりやすいので、カビのほか、藻やコケのようなものが発生していないかどうか、定期的にチェックする必要があります。

 

 

塗装では修理不可能な劣化症状

 

 以下にご紹介するような症状が軒天に発生している場合は、塗装では修理が不可能な可能性があります。

速やかに塗装の専門家にチェックしてもらうことをおすすめします。

 

・シミがある

 これだけでは判断が難しいところですが、シミは軒天だけではなく、ほかの部分にもなんらかの不具合が発生しているサインの可能性があります。

シミは水分がどこか浸入してはいけないところに浸入している証しなので、まずはその原因を探らないと、適切な処置を行うことができません。

 

・こわれている

 こわれてしまっている軒天を塗装で修理することは当然できません。

こわれているだけならまだしも、なんらかの理由で腐食が進んでいる可能性もあるので、

速やかに専門家にチェックしてもらったほうがよいでしょう。

 

 

軒天の塗装方法

 

軒天を塗装にて修復する場合は、屋根や外壁と同じように、しっかりとした下地処理を行い、サビ止めを金属パーツに塗布したのちに下塗り、中塗り、上塗りで対応します。

下地処理は、これまでの塗膜やカビなどの汚れを取り除く作業です。

下地処理が塗装の仕上がりを決めますので、軒天のメンテナンスをお考えの方は、

ぜひマナカリフォームまでご相談ください。ていねいな下地処理で、美しい仕上がりをお約束します。

 

 

千葉市で外壁塗装ならマナカリフォーム株式会社にお任せください。

メールにてお問合せください。

 


サビ止め塗料について

サビ止め塗料の効果について

 

建物の金属部分には、経年によりサビが発生します。サビは、外観的にも、そして建物の耐久性的にも影響を及ぼしますので、

サビが発生してしまったら、適切な処置をとる必要があります。

この記事では、サビが発生するメカニズムをご説明したうえで、サビの発生を防ぐために効果的なサビ止め塗料についても解説していきます。

 

サビとサビが発生するメカニズム

 

サビは、私たちが生活するさまざまな場所に存在する、金属が腐食して作られる物質です。

私たちがよく見かける茶色っぽいサビは「赤サビ」と呼ばれるものです。

赤サビは、金属が水と空気に接することで発生します。金属がこれらの物質と接触すると、酸化還元反応と呼ばれる反応が起こり、

酸化水酸化鉄と呼ばれる物質が表面に発生します。この酸化水酸化鉄が赤サビの正体です。

皆様がご存じのように、この赤サビが発生し、そのまま放置してしまうと、腐食はどんどん進んでしまいます。

 

このほかに「黒サビ」がありますが、こちらは自然に発生するわけではありません。普段、見かけることのあまりない黒サビは、人工的に発生させます。

人工的に発生させる黒サビには、赤サビの発生を防ぐ役割があるため、「良いサビ」と呼ばれることもあるようです。

 

サビを効果的に防ぐには

 

サビを取り除く、もしくは効果的に防ぐためには、いくつかの方法があります。最も一般的なのは、サビ止め塗料を塗装することですが、

サビ止め塗料には、すでにできてしまったサビの進行を止めることはできません。

すでに存在するサビを取り除く場合は、サビが発生している箇所を硫酸や塩酸などを使用して洗浄します。最も強力な洗浄力を持つ酸はリン酸です。

リン酸は、鉄と反応することでリン酸塩という被膜を形成するため、その後の防サビ効果が続きます。

しかし、安全面を考えると、若干、採用しづらい方法ではあるでしょう。

 

サビの発生原因となる水分と酸素を防ぎ、サビを発生させないという方法もあります。これは、

どうしてもサビを取り除けない箇所に素地調整補助剤を塗ることで行う方法です。この補助剤が水分と酸素が金属と反応することを防いでくれるため、

サビが進行しないという仕組みです。

 

基本的にはサビを発生させないことが重要なのですが、サビの進行を止めるという意味では、この方法はとても効果的です。

塗り替えを行う際、どうしてもサビが取り除けない箇所は、この方法で下塗りをしてから塗料を塗ります。

最も効果的にサビを防ぐ方法は、サビ止め塗料を塗ることです。このサビ止め塗料にも種類があり、

現状、発生している赤サビの進行を止めるための「黒サビ転換剤」や、強力な防サビ効果を持つ薬剤を含有するタイプの塗料なども存在します。

 

サビ止め塗料の効果

 

サビ止め塗料には、今、ご紹介したものも含めてたくさんのバリエーションがあります。

現在、製品化されているものは、大きく「顔料」「樹脂」「溶剤」に分けられます。

 

顔料タイプは、クロム化合物や鉛などが顔料として含まれている製品です。人体に影響を及ぼす危険性が指摘されてきたこともあり、

最近ではこれらの利用は減り、エコな物質が顔料として配合されることが多くなっています。

 

樹脂タイプは、主にエポキシ樹脂が配合されているサビ止め塗料です。耐久性を含め、高い防サビ効果を持つことから、

特に住宅の塗装においてはよく採用されています。

 

溶剤タイプには、水性と油性の2つのタイプがあります。通常の上塗り塗装の場合は、使いやすく、ニオイも少ない水性塗料が使用されます。

油性塗料は、やや塗膜に厚みがあるためサビ止め効果が高いことが特徴です。ただ、ニオイが強いという難点があります。

強溶剤を使用する油性塗料は、非常に強力なサビ止め効果を誇りますが、すでに塗装されている塗膜を溶かしてしまう可能性があり、

油性塗料を使う場合は、弱溶剤が選ばれることのほうが普通です。

 

サビ止め塗料の塗装方法

 

サビ止め塗料を塗装する場合も、通常の塗装同様に、下地処理、下塗り、中塗り、上塗りの順で行います。

特に下地処理は、今後の防サビ効果が長続きするかどうかを左右するほどに重要な工程です。

 

下地処理

サビ止め塗料を塗る前に、塗装する面をきれいにする作業です。サビがまったくない場合でも、電動ブラシやヤスリなどを使用して、塗装面をきれいにしないと、塗料がきれいにのってくれません。完了したら、塗装しないエリアに塗料が付着しないように養生します。

 

サビ止め塗料を塗装

下地処理をしたら、いよいよサビ止め塗料を塗ります。ここで防サビ効果の高いプライマーを塗る場合もありますが、

金属部分には、サビ止め塗料を直接塗るのが効果的です。

その後、耐候性の備わる塗料を中塗り、上塗りします。

これは、紫外線に弱さのあるエポキシ樹脂系のサビ止め塗料の場合は特に重要です。

 

まとめ

 

サビ止め塗料は、下地処理をしっかりやることで効果を発揮します。

金属部分のサビが気になっているという方は、ぜひマナカリフォームまでご相談ください。

 

千葉市で外壁塗装ならマナカリフォーム株式会社にお任せください。

メールにてお問合せください。

 


ガイナ塗料について

ガイナ塗料について

 

ガイナ塗料をご存じですか?近年の塗料の進化には目を見張るものがあり、屋根や外壁に塗装するだけで、

断熱などの機能を持たせることもできるようになっています。ガイナ塗料もそのような機能性の備わる塗料で、

断熱セラミック塗材と呼ばれるものです。この記事では、ガイナ塗料が持つすばらしい特性についてご紹介していきます。

 

ロケット開発から生まれたガイナ塗料

 

ガイナ塗料は、実はロケット開発から生まれた塗料です。ロケットを打ち上げる際は、

高い熱から機体や搭載されている精密機器などを守る必要があります。このロケット開発の現場で生まれたテクノロジーを、

一般向けに利用したものがガイナ塗料です。ガイナ塗料は、建物の塗装以外にも、

今後、さらなる分野で利用が広がると考えられています。

 

ガイナ塗料に備わる特性とは

 

ガイナ塗料には、大きく分けて5つの特性が備わっています。

それらは「断熱・遮熱」「保温」「防音・遮音」「空気清浄」「耐久性向上」の効果です。

 

断熱・遮熱効果

 

ガイナ塗料の中には、球体セラミックという物質が含まれています。

この球体セラミックは、日光に含まれる赤外線のエネルギーを反射・屈折させることで弱める働きを持っています。

さらにセラミックには遮熱に効果がある物質も含まれているため、ガイナ塗料を塗装すると建物内部の温度を下げるのに効果的です。

この働きは冷房効率を上げることにもつながるため、ガイナ塗料は省エネ推進にピッタリの塗料だといえます。

 

保温効果

 

ガイナ塗料には断熱効果が備わっていますが、これは同時に建物内部からの放熱を抑制する効果を持つことを意味します。

ご存じのように、熱は高温側から低温側へと流れるため、壁の中に断熱材などを入れていないと、室内から室外へと逃げてしまいます。

ガイナ塗料を塗装すれば、断熱材と同じ役割を果たすことになるので、熱を逃がさず、建物の保温効率が上がります。

 

防音・遮音効果

 

ガイナ塗料の塗膜は、球体セラミックという物質が幾重にも重なった構造になっています。

ここを音が通ろうとすると、塗膜内のそれぞれの球体に邪魔されて吸収されます。つまり、ガイナ塗料を塗装することで、

防音・遮音効果を持たせることが可能です。

 

空気清浄効果

空気中には、塵やホコリ以外にもさまざまな物質が浮遊しています。

これらは、アレルギーなどの形で人間にも影響することがあるのですが、ガイナ塗料には、このような物質を静電効果により寄せつけ、

周辺の空気中にこれらが浮遊することを防ぐ効果が備わっています。また、ガイナ塗料には特殊セラミックが含まれており、

これが日光を浴びることで発生させる遠赤外線が、屋内に存在する水の分子に働き、マイナスイオンを発生させます。

これが塵やホコリなどと結びつくと、浮遊することがなくなるため、屋内の空気も整います。

 

耐久性向上

建物の劣化を進める要因にはさまざまなものがありますが、その中でも代表的なものに「結露」があります。

結露は、温度差により、温度の低いところに発生しますが、ガイナ塗料を塗装することで、この温度差が発生しにくくなるので、

結果、結露を防ぐことが可能です。また、ガイナ塗料は、球体セラミックが重なっているという構造上、伸縮や膨張に対する強さがあります。

これは高い耐久性の証しです。

 

ガイナ塗料は安全

 

ご紹介したように、さまざまな特性を持つガイナ塗料。これだけの特性を持ちながら、ガイナ塗料は安全性も折り紙付きです。

外壁や屋根の塗装に使われる塗料の中にも、有機溶剤を使用するものはきついニオイを放つことがありますが、

ガイナ塗料はこのようなことがありません。

 

ガイナ塗料の費用

 

ガイナ塗料は、このようにとても高い性能を持つ塗料です。そのため、価格も高いのかといえば、それほどでもありません。

通常の塗装に使用されているシリコン塗装の施工を考えると、その1.5倍程度です。塗料が持つすばらしい特性を考えると、

決して高いとはいえないのではないでしょうか。しかし、ガイナ塗料には欠点もあります。

 

ガイナ塗料の欠点

 

ガイナ塗料は、球体セラミックが含まれているという塗料の構造上、粘りがあるため、その扱いに注意する必要があります。

そのため、施工できる業者は限定されています。ガイナ塗料での塗装を希望する場合は、認定施工店を探さなければなりません。

これはガイナ塗料の欠点だといえるでしょう。

また、ガイナ塗料は比較的カラーバリエーションはそろっているのですが、残念なことに濃いカラーとツヤのある塗装ができません。

そのため、ツヤのある塗装を希望する場合はガイナ塗料以外の塗料を選ばなければならないので注意が必要です。

 

まとめ

 

ガイナ塗料は、断熱、保温、遮音、空気清浄などの機能性が付与された塗料です。

塗りにくいなどの欠点もありますが、それほど施工費用が高いわけではありません。

多彩な機能を考えれば、むしろ安いといえるでしょう。

 

千葉市で外壁塗装ならマナカリフォーム株式会社にお任せください。

メールにてお問合せください。


アルミサッシなどのアルミの塗装方法

アルミサッシなどのアルミの塗装方法

 

アルミ製品には塗料が密着しづらいため、これまでは「アルミに塗装する」ということは、

基本的に不可能なことだとされてきました。

 

しかし、近年は塗料の進歩もあり、アルミにも塗装できるようになっています。

もちろん、家庭内で使用しているアルミ製品の場合は、塗装の必要性はあまりありません。

 

しかし、アルミサッシに塗装できたらとても便利だと思いませんか?

 

 

アルミサッシも劣化する

 

アルミも、鉄のように劣化して、腐食やサビが発生することがあります。アルミサッシは常に外にあり、

雨や露などの影響を受けるのは当然のことです。雨には、排気ガスなどに含まれる酸性の物質が含まれていることもあるので、

どうしても傷んでしまいます。

 

また、アルミサッシが酸化すると、白い斑点のようなものが発生することがありますが、これを酸化皮膜といいます。

これができると、実はサビが止まるのですが、そのままにしておくと被膜がはがれ、結果的にはそこから腐食が進むことになるので、

早めに対策しなければなりません。

 

アルミサッシを塗装する

 

ご紹介したように、アルミサッシも長年使用すると劣化していきます。そのため、屋根や外壁同様、

塗装によりメンテナンスすると効果的です。ここからは、アルミサッシの塗装手順についてご紹介します。

 

1.塗装をはがす

まずは下地の処理です。屋根や外壁の塗装同様、古い塗装をしっかりはがして、汚れなどもきれいにしておきます。

こうすることで塗料のノリをよくします。

 

2.下塗り

下地の処理が終わったら、塗装をきれいに仕上げるために下塗りをします。

最初の下塗りは、下地処理の際に荒れた面を整えることが目的です。プラサフという塗料の密着性を高め、

表面を整える働きを併せ持つ下塗り剤を使用します。

 

続いて、もう一度、今度はプライマーを塗ります。プライマーを塗る目的は、塗料と下地を密着させ、

塗りむらが発生しないようにすることです。サビを防ぐ機能を持ったプライマーもあるので、

状況に応じて、使用を考えるとよいでしょう。

 

3.仕上げ

仕上げの塗装には、アルミ用の水性塗料を使用します。やはり、外壁材などの塗装と同じく、

下塗り、そして仕上げの中塗り、上塗りという3回に分けて塗装します。最後にコーティング剤を塗ったら完成です。

 

アルミサッシの塗装をもっと手軽に行うのであれば、スプレータイプの塗料を使ってもよいでしょう。

スプレーを使用する場合も、3回塗りでしっかり塗ってください。コーティング剤を最後に塗ったら完成です。

 

 

アルミサッシの塗装はDIYでは難しい

 

このように、塗料の進化のおかげでアルミ製品にも塗装を施せるようになりました。

アルミ製品に、外壁や屋根のように塗装できるということは、これまでよりも製品寿命を長くすることができることを意味しますが、

メンテナンス性の向上につながるわけではないことには注意が必要です。

なぜなら、一般の人が作業をするのは、アルミ用塗料の性質を考えると非常に難しいからです。

 

ホームセンターに行くと、アルミ用の塗料は手に入れることができます。

しかし、ご紹介したように、DIYで塗装をする場合でも、下地処理はしっかり行わなければなりません。

実は、この下地処理が、塗装を仕上げるうえでは最も重要な工程になるのですが、これを一般の方がご自宅で行うのは至難の業です。

下地処理は、単にきれいに掃除すればよいというわけではなく、パーフェクトにきれいにしなければなりません。

この工程を省くわけにもいかないので、実際は、塗装店に依頼するのがおすすめです。

 

職人さんに作業してもらえば、当然ながら、パーフェクトに仕上げてくれます。仕上がりの美しさだけではなく、

耐久性の面でも職人さんに仕上げてもらったほうが安心です。

 

塗装のあとのメンテナンスも重要

 

これも屋根や外壁の塗装と同様です。アルミサッシも塗装をしてそのまま放置してしまっては、劣化は避けられません。

アルミサッシのメンテナンスには、ウレタン系の塗料やアイアン塗料など、いくつかの選択肢があります。

しかし、これも塗装と同様にDIYではなかなか難しいのが現実です。しかも、アルミ用の塗料が実用化されたとはいえ、

塗料の寿命はまだまだ短いことも忘れてはいけません。もちろん、アルミ自体に耐久性は備わっていますが、塗装をしても、耐久性の飛躍的な向上にはつながらないのです。

 

窓枠などに使用されているアルミサッシは、耐久性は高いものの、時間が経てば劣化してしまいます。

アルミサッシの塗装は、交換するよりも安上がりなことは確かです。実際、アルミサッシの塗装を希望されるお客様も多いのですが、

現状では、耐久性を飛躍的に向上させるほどのものではありません。それでも、塗装店に依頼していただければ、

効果的なメンテナンスにはなります。

アルミサッシの塗装を含め、屋根・外壁塗装をお考えの方は、ぜひマナカリフォームまでご相談ください。

 

千葉市で外壁塗装ならマナカリフォーム株式会社にお任せください。

メールにてお問合せください。


外壁を塩害から守る塩害対策とは

外壁を塩害から守る塩害対策とは

海の周辺では、まだ新しい建物でも金属部分にサビが発生したり、コンクリートがもろくなったりするなどの不具合が発生することがあります。

これらは、海水に含まれる塩分の影響で発生する塩害だと考えられます。

海水中の塩分は、風に運ばれて海岸近くの建物を傷めるので、十分な対策をとらなければなりません。

 

塩害

塩害は、海水や大気に含まれる塩分が引き起こす現象で、さまざまな形で被害を及ぼします。

海岸に設置されている護岸を見ても、塩の影響は理解していただけると思います。

沿岸にある建物や電柱などの建造物は、ほかの地域に立つものよりも塩分の影響を受けやすいために、もろくなりやすいのです。

特に季節風が強く吹く日本海側の地域では、海の周辺だけではなく、内陸部まで塩分が運ばれ、建造物を劣化させる傾向があります。

塩の影響を受けやすい地域では、家を守るためにしっかりとした対策をとることが重要です。

 

塩害が発生する仕組み

海岸沿いの頑丈な護岸のヒビ割れや、金属製の手すりのサビ。これらはよく見かける光景ですが、なぜいともかんたんに傷んでしまうのでしょうか。

このようなダメージが、海の近くの建物にも同じように発生します。塩害は静かに進行するため、やはり重要なのは「対策」です。

塩害が発生する仕組みとはどのようなものなのでしょうか?
コンクリートの中には、その強度を保つために鉄筋が入れられています。鉄筋は普段、人の目には触れない部分です。

 

しかし、塩害が発生する仕組みに大きく関わっています。
鉄筋は、常にコンクリートにカバーされているため、通常はアルカリ性の状態で存在しています。鉄筋はこの状態だと「不導体被膜」により守られているのですが、

コンクリート内の塩分が増えてしまうと、その被膜が分解されてしまいます。

こうなると水分に直接さらされてしまうので、サビが進行するというわけです。

海水や塩分を含む風の影響を受けなくても、ある程度の量の塩分はもともとコンクリートの中に含まれています。

しかし、外部からの塩分が時間をかけて蓄積することで、内部の鉄筋やコンクリートそのものの腐食がスタートします。
サビや腐食は、私たちの身近にあるものを見てもわかるとおり、進行が始まるとあっという間にひどい状態になります。

塩害の場合、コンクリートが劣化し、クラックが生じると、さらにそこから塩分が進入し、どんどん腐食が進んでいくため、

塩害を防ぐための定期的なメンテナンスも求められるでしょう。

 

塩害が発生する可能性のあるエリア

塩害は、海の近くほど影響を受けやすいのですが、海から離れていても油断は禁物です。大まかな目安としては、

海からの距離が5km以上離れていれば、潮風の影響も少ないと考えられます。

 

また、現在、物件を探していて、塩害があるエリアかどうか調べるのであれば、そのエリアにある構造物の状態をチェックしましょう。

サビや腐食が進んでいる構造物が多いエリアは要注意です。
もちろん、先に触れた日本海側のように、海から遠く離れたエリアでも塩害が発生しやすいエリアはあります。

日本列島は海に囲まれているので、どうしても塩害が発生しやすく、首都圏でも塩害は発生しています。

 

塩害が発生したら

すでにご説明したように、塩害によりダメージが加わった物体は、その後もどんどん被害が進んでいくので注意が必要です。

コンクリートにクラックが発生すると、その内部までもろくなってしまうので、配線などが埋まっている場合は、影響が出る可能性もあります。

塩害が発生した場合の対処法についてご紹介しましょう。

住宅の外壁に塩害が発生した場合は、まずは外壁の塗装を考えましょう。塗料には屋根や外壁を保護する役割があります。

塗り替えをおこなう際は、耐候性の備わった塗料がおすすめです。
塩害により外壁の広範囲に腐食が進んでいる場合は、塗装の前に下処理をおこなう必要があります。サビや腐食をしっかりと清掃してから塗装しましょう。

 

塩害が多く発生する地域では、ガラスコーティングなどの塩害に強いコーティングをオプションで提供している業者もあります。

塩害に強い塗装を希望する場合は、塗装業者に相談してみましょう。

塗料は種類が多く、それぞれに特性があります。塩害に強い塗料は、フッ素系やシリコン系、ウレタン系や無機塗料です。

この中でもフッ素系の塗料と無機塗料は高額で1㎡当たり5000円前後もしますが、耐久性が高く、15~20年は塗り替えの必要がありません。 

 

リーズナブルなお値段の塗料は、耐久性の面で劣るため、長い目で見れば、高価な塗料のほうがコストパフォーマンスは優れているといえます。
塗装ではなく、外壁自体を張り替えるという対処法もあります。塩害に対処するという意味では、樹脂系のサイディングがよいでしょう。

樹脂系のサイディングは、コーキングで固定しなくてもよいので、その分費用がかかりません。

デザイン的には、ほかのサイディングと比較してやや見劣りするところがありますが、

メンテナンスには手がかからないのでとてもおすすめです。

同じサイディングでも、窯業系サイディングは水分が浸透しやすいので、塩害に対処するという目的ではあまり向いていません。

 

作業は地域密着型の業者に依頼するのがおすすめ

塩害は、地域性のあるトラブルなので、やはりその地域に根を下ろした、地域密着型の業者に施工を依頼するのが安心です。

地域的な被害の状況なども熟知しており、施工の実績も豊富なので頼りになります。

業者が塩害についてよく知らないと、新たに外壁を塗り替えたとしても、対処が適切でなく、すぐにまた塩害が発生する可能性があります。

また再塗装、外壁材の張り替えをおこなわなければならなくなるので、これではいくらお金があっても足りません。

 

塩害を防ぐための外壁メンテナンス

塩害を防ぐには、シンプルですが、外壁のメンテナンスを怠らないことが重要です。

塩害は、進行が一度始まると非常に速いスピードで広がりますが、初期はあまり症状が見えません。とにかく症状が進行しないうちに対処することが大切です。
そこで有効なのが、外壁のクリーニングです。基本的にはブラシなどでやさしく水洗いをして、

可能であれば、ときどき高圧洗浄機を使って汚れや塩分を洗い流してください。

塩害への対策は家を守るために欠かせません

塩害は、放置するとあっという間に症状が進行して、取り返しのつかないことになるため、しっかり対策しましょう。

対策を怠ると以下のような結果を招く可能性があります。

 

お金が余計にかかる

塩害が発生しやすい地域では、塗料や外壁材をメンテナンスするサイクルがどうしても早くなります。しかし、対策をしなければ、

それよりも早く再塗装や外壁材の張り替えを行うことになるので、さらにお金がかかってしまいます。

外壁のクリーニングを定期的におこなうだけでも、塗料や外壁材の効果を長持ちさせられるでしょう。

建て替えなければならなくなる

塩害への対策を怠ると、劣化が急激に進み、「気づいたときには手がつけられなかった」ということになる可能性があります。

塩害でこわいのは、建物内部の骨格まで腐らせてしまう可能性があることです。こうなると、資産価値も下落してしまい、

住み替えようにも売れないという事態に陥ってしまいます。

このような事態を避けるためにも、日頃のメンテナンスは欠かさずにおこなうようにしましょう。

 

千葉市で外壁塗装ならマナカリフォーム株式会社にお任せください。

メールにてお問合せください。


サイディングボードの種類と補修方法について

サイディングボードの種類と補修方法について

 

一般の戸建て住宅の外壁には、これまでモルタルが多く使われてきました。しかし、最近はサイディングボードと呼ばれる建材も多く使われるようになっています。

この記事では、サイディングボードの種類と補修方法について解説しています。

サイディングボードの住宅にお住まいの方、そして今後、外壁をサイディングボードにしようとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

サイディングボードとは

 

サイディングボードは、「ボード」という言葉が表すとおり、板形状の外壁材です。

種類、デザイン、カラーが豊富で、しかも施工もかんたんなことから、多くの戸建て住宅の外壁に使われています。

 

 

サイディングボードの種類

サイディングボードには、大きく「窯業系サイディング」「樹脂系サイディング」「金属系サイディング」「木質系サイディング」という4つの種類があります。

 

窯業系サイディングは、もっとも一般的なサイディングボードです。

セメントのほかに繊維質の原料が使われていて、耐震性や耐火性を含め、素材自体に強さがあることが特徴です。比較的リーズナブルな価格の製品もあり、

目安は1㎡当たり5000から8000円程度です。寿命は約40年と長持ちですが、7~8年を目安にメンテナンスをおこないましょう。

 

樹脂系サイディングは、耐久性や耐候製に優れる塩化ビニル樹脂をメインに作られている外壁材です。

シーリング材を使う必要がないというメリットがあります。価格も比較的安く、1㎡当たり4000円前後が相場です。

寿命も40年ほどと長持ちです。10年~を目安にメンテナンスをおこないましょう。

 

金属系サイディングは、アルミやガルバリウム鋼板などで作られている外壁材です。

軽く、耐久性、耐震性、耐火性に優れるという特徴を持ちます。デザインも豊富なので、さまざまな家の外壁に合うでしょう。

価格帯は幅広く、安いものなら1㎡当たり3000円~選べます。寿命の目安はやはり40年程度。10年~を目安にメンテナンスをおこないましょう。

 

木質系サイディングは、ナチュラル素材を使用したサイディングボードです。

ナチュラル素材なので耐火性にやや難がありますが、環境に優しく、風合いも感じられることから人気を集めています。

価格帯は幅広く、1㎡当たり3000~10000円前後、寿命はほかのサイディング材同様40年程度で、10年前後でメンテナンスをおこないます。

 

 

サイディングボードのチェックポイント

 

約40年は使用可能なサイディングボード。しかし、その耐久性をフルに引き出すためには、日頃のチェックとメンテナンスが欠かせません。

サイディングボードは以下のような点を中心にチェックしましょう。

 

カビ

カビやコケ、藻などがサイディングの表面に発生することがあります。湿気の多い環境では要注意です。雨の続く時期にも発生しやすいので気をつけて見てみましょう。

 

チョーキング

チョーキングは、外壁材の表面が粉を吹いたように白くなる現象です。粉の正体は塗装に含まれている顔料で、塗膜の劣化からこの症状が起こります。

 

クラック

塗膜が劣化すると、じわじわと水分が浸入するなどして、クラックと呼ばれるヒビ割れができることがあります。

水分が塗膜の内側に入り込むと、塗膜を浮かせ、そこから塗膜がはげることもあるので注意してチェックしましょう。

 

目地のコーキング材の劣化

サイディングボードの目地にはコーキング処理が施されています。防水性や気密性を保つ目的で施されているものですが、

コーキングが硬化し、クラックなどが発生すると、そこから水分などが浸入してしまうため、注意してチェックしましょう。

 

 

サイディングボードを補修する方法

 

サイディングボードをチェックして、ご紹介したような劣化や異常が見つかったら、補修しましょう。

基本的には、サイディングボードに塗装を施すか、コーキングの交換をおこないます。

 

塗装

チョーキングや塗膜の浮き、小規模なクラックなら、塗装することで対応可能です。塗料は状況に合わせて、適切なものを業者と相談して選びましょう。

クラックの規模が大きい場合や、サイディングボードにゆがみなどが生じている場合は、サイディングボードごと張り替えたほうがよいでしょう。

現在のサイディングの上から新たなサイディングを貼れる場合もあります。

 

コーキングを打ち直す

コーキングが劣化している場合は、一度、現在のコーキングをすべてはがしてから、新しいコーキング材を使ってシールします。

既存のコーキングの上に重ねるように施工できる場合もあります。

 

 

外壁は定期的なメンテナンスが重要

 

定期的にメンテナンスをおこなうことで、外壁材が本来持っている耐久性を存分に引き出すことが可能になります。

サイディングボードは約40年は使用可能な外壁材ですが、やはり定期的なメンテナンスが大切です。

サイディングボードへの変更や張り替えをお考えの方は、マナカリフォームまで、お気軽にご相談ください。

 

千葉市で外壁塗装ならマナカリフォーム株式会社にお任せください。

メールにてお問合せください。


防水塗料と外壁の塗り替え工事のポイント

防水塗料と外壁の塗り替え工事のポイント

 

屋根や外壁の塗装が劣化すると、その下地に小さなクラックが入ってしまうことがあります。ここから雨水などの水分が浸透すると、いつしか建物の内部に入り込み、

雨漏りなどの重大な欠陥へとつながってしまうため、定期的に外壁の状態をチェックすることは欠かせません。この際、防水性能を持つ塗料を使うと、雨漏りのリスクを低下させることが可能です。本記事では、防水塗料と外壁塗り替え工事のポイントをご紹介していきます。

 

 

防水塗料について

 

塗料はさまざまな目的のために用いられますが、中でも防水塗料は、防水が必要な場所に、その機能性を付与するために塗装されます。防水塗料と呼ばれる塗料は「弾性塗料」であり、防水性能のほかに、耐久性や耐候性に優れるものが多いようです。

水性塗料

防水性能の優れた塗料には、水性塗料と油性塗料があります。以前は防水性能の優れた塗料というと、油性塗料が一般的でしたが、現在は水性塗料の中にも優れた製品が増えてきています。

油性塗料

油性塗料は、2液式(主材+硬化剤)のものが多く、耐久性に優れています。乾燥に時間がかかり、ニオイも強いので、屋内の塗装には向きません。

このように、扱いやすいのは水性系の塗料です。水性と油性は、使用する場所や外壁材、下地などを考慮して、適当なものを選ぶのが基本です。

 

 

防水塗料の使用

 

ベランダや屋上といった雨に濡れる場所には、ただ塗装を施すだけではなく、厳重に建物を保護するために、下地としてシーリング材を使用するのが一般的です。

まず、高圧洗浄機などを利用して、塗装する場所に残る塗膜や汚れをきれいに洗い流します。そして、塗装する場所の端や、ヒビが入っている部分にプライマーを塗り、さらにウレタンシーリング材を入れます。その後、シーラーで下塗りしたら防水塗料を塗り、滑り止めを塗装したら完成です。

 

 

外壁にも防水塗料

 

外壁も、ベランダや屋上同様、常に雨風や紫外線に晒されるため、外壁用の塗料にも高い機能性が求められます。特に外壁は、劣化することでクラックと呼ばれるヒビ割れが発生しやすくなります。弾性を持つ防水塗料なら、小さなクラックであればカバーすることが可能です。

ヘアークラックや乾燥クラックと呼ばれる、1mmもないようなヒビ割れなら、防水塗料を複数回塗ることで十分に補修できます。しかし、自然災害や欠陥工事などを原因とする大きなクラック(構造クラック)の場合は、コーキング材を使用しないと埋めることはできません。また、根本的な工事が必要な場合もあるので、専門家に相談したほうがよいでしょう。

 

 

防水塗料と相性のよい外壁材

 

外壁にはいくつかの種類があり、中には防水塗料が使いにくい外壁もあります。ここでは、防水塗料と相性のよい外壁剤をご紹介します。

コンクリート

コンクリートの外壁は、一般的な戸建て住宅の外壁にも使用されています。コンクリートは意外にも防水性能があまり高くないので、クラックの発生は建物に致命的な影響を与える可能性があります。そのため、弾性の強い防水塗料で機能を補うと効果的です。

モルタル

モルタルの壁は、乾燥が進むとクラックが入りやすくなる傾向があります。クラックが大きくなると、水分が内部に浸透してしまうため、防水塗料を塗って機能を補完するとよいでしょう。

 

 

防水塗料はサイディング外壁には合わない

 

最近は、外壁にサイディングを取り入れる住宅が増えています。外壁を飾りやすいサイディング外壁には、防火性や断熱性に優れるという特徴もあるのですが、防水塗料を塗ってしまうと、これらの性能を阻害してしまうので、使うべきではありません。防水塗料をサイディングに塗ってしまうと、内部に熱が蓄積され、はがれてしまうこともあります。

 

 

防水塗料のメリットとデメリットを確認

 

防水塗料は、弾力(伸縮性)を持ち、規模の小さいクラックであればカバーして、外壁材内部への水分の浸入を防ぐという特性を持っています。この特性により、建物の重大な欠陥へとつながる雨漏り、カビ、シロアリなどの発生を防ぐことが可能です。しかし、防水塗料はよいところだけを持っているわけではありません。塗料を選ぶ際は、デメリットも考慮して、建物の状況にもっとも合った塗料を選ぶべきです。

防水塗料は、一定規模以上の大きさのクラックを埋めることはできません。伸縮性を持つ塗面も長年にわたりパーフェクトに持続するわけではなく、年月が経てば劣化します。そのため、一定期間ごとにおこなうメンテナンスは欠かせません。

施工方法にも防水塗料ならではの難しさがあります。一般的な塗料と同じように塗ってしまうと、べたついたり、塗装が水疱のようにふくらんでしまうことがあります。そのため、防水塗料の扱いに慣れた職人に作業を依頼することが重要です。

外壁塗装の役割は建物を守ることです。美しく見せることも重要ですが、もっとも重要なことを見誤ってはいけません。ご自宅の外壁について理解したうえで、もっとも適した塗料を使うことが重要です。外壁塗装をお考えの方は、マナカリフォーム株式会社までお気軽にご相談ください。

 

千葉市で外壁塗装ならマナカリフォーム株式会社にお任せください。

メールにてお問合せください。

 

 

 


多彩模様塗料 グラナートSPの特徴

グラナートSPとは

グラナートSPは水性系の上塗り材で、液外壁用多彩模様シリコン系上塗材とも呼ばれています。

液型は一液型で、まるで天然石のような、高級感あふれる仕上がりになる塗料です。主に外壁に使われます。

グラナートSPの特徴

1.耐久性

グラナートSPは耐久性に優れており、10年の保証が付いています。これは良質なアクリルシリコンを採用しているためで、社内における

促進耐候性試験(キセノンランプ式)では4000時間(期待耐用年数15年)をクリアしています。

また、「JIS K 5400 塗料一般試験方法」において、耐衝撃性の試験に合格。「JIS K 5600 塗料一般試験方法」において、

鉛筆硬度、耐水性、耐酸性、初期耐水性の試験に合格しています。

この耐久性によって、美しい仕上がりを長期期間保つことが出来ます。

2.意匠性

グラナートSPは多彩模様塗料とも呼ばれ、クリヤー塗料に様々な色のチップを混合させることで独特の立体感を生み出し、

しかも落ち着いた色味を表現することに成功しています。

天然石を思わせる美しい仕上がりを実現できるだけでなく、カラーバリエーションも10色に及びます。

イエロー系、レッド系のベーシックカラーから、全体を引き締めることができるアクセントカラーまでが揃っており、

複数の色を組み合わせることもできます。

なお、塗装の際は中塗りの段階で上塗りの色を決めておき、中塗りでは専用のカラーを選択します。

グラナートSPはクリヤー塗料なので、中塗りの色がベース色となります。

3.軽量性

意匠系塗料には多彩な種類があり、砂骨材や砂を混合したものなどがありますが、グラナートSPの場合は面積当たりの重量が軽いのが特徴です。

このため、建物にかかる負担が少なくなるという利点があります。

4.対応素材

グラナートSPは、下記の素材に対応しています。

窯業系サイディング、リシン、ALC、コンクリート、モルタル、吹付けタイル、スタッコ。

千葉市で外壁塗装ならマナカリフォーム株式会社にお任せください。

メールにてお問合せください。