ブログ

おすすめの屋根の色は?その選び方も解説します!

家を購入してからある程度経過し、そろそろ屋根の塗装を行いたいという方へも多いのではないでしょうか。
しかし屋根の色は家の印象を形作る大きなポイントであり、その選択には迷いますよね。
そこで今回は屋根の色選びのポイントと、人気色を3つ紹介します。
ぜひ最後までご覧ください。

□屋根の色選びのポイントとは?

*外壁やサッシの色とのバランスを考える

例えば、ベージュの外壁にはブラウンの屋根、ブルーの外壁にはネイビーの屋根といったように、外壁やサッシ、屋根は同色系の濃淡でまとめると、調和のとれたバランスの良い住宅となります。
屋根の色は壁面よりも濃い色を採用すると、家全体が締まった印象を与えることができるためおすすめです。

*面積効果に注意して選ぶ

面積効果とは、大きい面積の中で明るい色がより明るく見え、暗い色はより暗く見えるという効果のことです。
そのため、明るい色は少し暗めのものを選び、暗い色は少し明るめのものを選ぶのがおすすめです。
迷ったときは、なるべく大きなカラーサンプルを用いて選択するのも効果的といえます。

*周囲の住宅との調和も考慮する

自治体によっては、住宅のデザインや色を制限している場合もあります。
自分の自治体にそういった制限がなくても、周囲の住宅との調和を考慮することは重要です。

□人気の屋根色を3つ紹介します!

1つ目は、ブラウンです。
ブラウン系の屋根は、その濃淡を問わず、外壁の色をまとめ程よく引き締めてくれます。
比較的どんな色とも相性が良く、洋風・和風問わず取り入れられるため、失敗しにくいのもその大きな特徴です。
そのため、古くから根強い人気を誇っています。

2つ目は、グレーです。
グレー系の屋根は、最近の新築ではブラウンと並び高い人気を誇る色です。
ブラウン同様に雨樋やサッシとの色の調和も取りやすいので、シャープな印象を演出したいという方におすすめです。

3つ目は、グリーンです。
屋根色をグリーンに変更すれば、簡単にお家の形や雰囲気を洋風に変えられます。
濃いグリーンは、意外と様々なカラーの外壁に馴染みやすいこともおすすめのポイントです。
雨樋やサッシなどとの組み合わせを考えることにより、様々な印象を与えられます。

□まとめ

今回は屋根の色選びのポイントと、人気色を3つ紹介しました。
屋根の色選びには、外壁やサッシの色とのバランスを考えたり、面積効果に注意したりするだけでなく、周囲の住宅との調和を考える必要があります。
屋根の人気色は1.ブラウン、2.グレー、3.ブルーです。
当記事が屋根の色選びの参考になれば嬉しいです。


グレーの外壁は後悔しやすいって本当?選択する際の注意点について解説します!

近年最も注目を集めている外壁カラー「グレー」。
しかし、そんなグレーを選んで後悔してたという声もちらほら聞かれます。
そこで今回は、後悔の理由と、後悔しないために注意するべきポイントを解説します。
ぜひ最後までご覧ください。

□外壁にグレーを選んだことによる後悔の理由とは?

*想像よりも汚れが目立つ

外壁にグレーを選ぶときに、その汚れの目立ちにくさに期待している方も多いです。
しかし実際に住んでみると、意外と汚れが目立つという声もしばしば聞かれます。
薄いグレーでは汚れが目立ちやすくなってしまうので、外壁の汚れやすさを気にする方は、ぜひ濃い目のグレーを選択するようにしましょう。

*個性が出せなかった

グレーを選ぶ方の多くは汚れにくさに加えて、そのスマートなデザイン性と、個性に期待していることも多いです。
しかし近年はグレーの人気も高まっており、周囲に似たようなグレーの外壁の住宅があることも。
そのため、個性を演出したいという方は、グレー一色にするのではなく、ツートンカラーにしてみるのも1つの手です。

□外壁選びで後悔しないために注意するべきポイントを3つ解説します!

1つ目は、色には面積効果があることを理解しておくことです。
面積効果とは、大きな面積上で明るい色はより明るく、暗い色はより暗く見えるという効果のことです。
同じグレーでも、その明度によって印象は大きく変わります。
そのため、なるべく大きなカラーサンプルで色選びを行い、後悔の無いようにしましょう。

2つ目は、業者にサンプル版の作成を依頼することです。
サンプル板とは、サイディングなどに実際に使う塗料を塗装したもので、それを見れば色だけでなく、艶や質感もつかむことができます。

3つ目は、周囲の家を周ってみる。
実際の家を見てみると、シミュレーションでは分からない色の絶妙なバランスまで掴むことができます。
実際に気になる家があったら塗装会社に伝えると、お互いにイメージがずれにくくなるのでおすすめです。

□まとめ

今回は、外壁にグレーを選んだことによる後悔の理由と、後悔しないために注意するべきポイントを解説しました。
グレーには様々な色味があり、その絶妙な加減で後悔してしまうことも多いです。
10年に1回の外壁塗装で後悔しないために、今回紹介したポイントを参考にしてみてください。

千葉県に特化した地域密着型の塗装業者です。
千葉県で外壁塗装をお考えの方は、ぜひ当社にお任せください。


外壁塗装の色が褪せる理由とは?長持ちしやすい色についても解説します!

家を購入してから数年が経過すると、外壁の色褪せが気になってくることも多いです。
そんな外壁の色褪せは何が原因で生じるのでしょうか。
今回は外壁塗装の色が褪せる原因と、長持ちしやすい色について解説します。
ぜひ最後までご覧ください。

□外壁の塗装が褪せる理由とは?

外壁の塗装が褪せる理由は大きく分けて2つあります。
ここでは、それぞれの原因について解説します。

*紫外線による塗料の変化

塗料は年月が経過するとともに、紫外線により少しずつ破壊され少しずつその色合いが変化し、それが色褪せとなります。
家の外壁をよく観察してみると、日当たりのよい南側は日焼けが目立つのに対し、北側や建物の陰になる部分は色があまり変わっていないのが分かると思います。
紫外線は外壁が褪せる最も大きな原因であるため、塗料を選ぶ際は、紫外線に強いものを選ぶのがおすすめです。

*雨や風による塗料の変化

雨は酸性であるため、塗料が長期間雨に晒されると化学変化により色が変化します。
紫外線と同様雨もそれ自体を防ぐことはできないので、ある程度年数が経過したら塗装工事を行う必要があります。

□長持ちしやすい色をご紹介!

ここからは、なるべく塗装工事を行うまでの期間を延長したい方に向けて、長持ちしやすい色を2つ紹介します。

まず1つ目が、白です。
これは最も色褪せしにくい色であるといえます。
他の色と比べて紫外線を吸収しやすく、紫外線によるダメージを受けにくいからです。
日当たりのよい場所や日差しの強い場所に住んでいる方は色を選ぶことがおすすめです。
白は色褪せしにくい一方で汚れやすいため、その景観を保つために定期的な清掃は必要です。

2つ目は、黒です。
こちらも白と並んで色褪せしにくい色です。
黒の顔料に含まれる成分は化学変化を起こしにくい性質をもっているため、長持ちしやすいのです。
しかし黒は色褪せはしないものの、ツヤが無くなっていくことが往々にしてあり、それにより褪せてきたと感じてしまうこともあるので注意しましょう。

□まとめ

今回は外壁塗装の色が褪せる原因と、長持ちしやすい色について解説しました。
外壁の色褪せの原因は大きく分けて「紫外線」と「雨」の2つであり、長持ちしやすい色としてここでは、白と黒を紹介しました。

外壁の色を長持ちさせるには、その色選びだけでなく、塗り方も非常に重要です。
当社は、経験年数十年以上の職人たちが丁寧に仕上げます。
千葉市で外壁塗装をお考えの方は、ぜひ当社にお任せください。


有機塗料と無機塗料の違いとは?その選び方についても解説します!

外壁の塗装工事をお考えの皆さん、無機塗料と有機塗料の違いについてご存じですか。
当記事では、それぞれの特徴と違いについて解説し、皆さんのご要望に沿った塗料のご提案をいたします。
10年に1度といわれる外壁塗装で後悔の無いように、当記事を参考にしていただければ嬉しいです。
ぜひ最後までご覧ください。

□有機塗料と無機塗料、それぞれの特徴とその違いを解説します!

有機塗料は、石油などの有機物を主成分とする樹脂が使用された塗料です。
その一方で、無機塗料はセラミックやケイ素、ガラスやタイルといった無機物を主成分とする塗料のことです。
ただし、最近では無機物のみを原料とする無機塗料は少なく、多くは有機物を含んだハイブリッドとなっています。
そのため、その塗料における無機物の含有量にも着目して塗料を見てみましょう。

有機塗料と無機塗料にはそれぞれ異なるメリットがあります。
そこでここからは、その特徴をそれぞれまとめていきます。

*有機塗料の特徴とは

・価格が安い。
・塗料が柔らかく、ひび割れを起こしにくい。
・初心者でも比較的きれいに塗りやすい。
・艶感を調節しやすい。

*無機塗料の特徴とは

・紫外線や雨風に強く、長く元の外壁の色合いを維持できる。
・カビやコケが生えにくい。
・比較的燃えにくい。
・静電気が発生しにくく、汚れにくい。汚れても雨によって洗い流されやすい。

□ 有機塗料と無機塗料どちらを選ぶべき?

上記から分かるように、無機物には樹脂が含まれないため紫外線や雨風などの影響を受けにくく劣化しにくいという特徴を持っています。
さらに無機物の持つ特性通り、カビやコケが生えにくい、燃えにくい、静電気が発生しにくいというメリットがあります。
しかしその分硬さがあり、ひび割れのリスクや塗るのにある程度の技術が求められること、艶を消せないことはデメリットであると言えるでしょう。

つまり、劣化スピードをできるだけ遅らせたいという方は無機塗料を、なるべく安く塗装を行いたい方や艶の無い外壁に仕上げたい方は無機塗料を選ぶのがおすすめです。

□まとめ

今回は、有機塗料と無機塗料の特徴についてそれぞれ解説し、おすすめの塗料を提案致しました。
当社は、千葉県千葉市で外壁塗装や屋根塗装などの住まいの塗り替えから屋根工事まで幅広く承っております。
一般的に技術力が必要であるといわれる無機塗料の塗装も、10年以上の経験を積んだ職人が、美しく仕上げます。
千葉市周辺で塗装工事をお考えの方は、ぜひ当社にお任せください。


ハイブリッド塗料とは?その特徴とメリットについて解説します!

家を購入して数年が経過し、そろそろ外壁塗装しようかなとお考えの方、ハイブリッド塗料を検討されてみてはいかがでしょうか。
ハイブリッド塗料はそのメリットの多さから、近年注目を集めています。
今回は、ハイブリッド塗料とは何か、ハイブリッド塗料のメリットについて解説します。
ぜひ最後までご覧ください。

□ハイブリッド塗料とは?

ハイブリッド塗料とは、石油などの有機物を原料として作られた有機塗料と、石やガラス、金属などの無機物から作られた無機塗料を混ぜ合わせたものです。
ハイブリッド塗料は、有機塗料と無機塗料を混ぜ合わせたことにより、それぞれのメリットを併せ持ちます。
また、それぞれのバランスによってその特徴は少しずつ異なります。
そのため、目的や使用場所に応じてふさわしいハイブリッド塗料を選ぶことで、汚れにくく耐久性に優れた外壁や屋根などを実現できます。

□ハイブリッド塗料のメリットを解説します!

有機塗料と無機塗料の2つの利点を併せ持つハイブリッド塗料には、様々なメリットがありますが、今回はその中でも3つに着目して解説します。

*耐用年数が長い

一般的に有機塗料は紫外線の影響を受けやすく、耐用年数が短い傾向にありますが、ハイブリッド塗料では無機物と組み合わせたことで、耐用年数が長くなります。
ただしこれは無機物の含有量によっても異なるため、実際の耐用年数についてはメーカーや塗装会社に確認しましょう。

*耐久性の高さに加えて、柔軟性もある

無機塗料は耐久性が高い一方で、柔軟性が乏しく、ひび割れしやすいという特徴を持ちます。
しかしハイブリッド塗料では、無機塗料に有機物を組み合わせることで、柔軟性を高めることが可能となりました。
これによって、クラックも起こりにくくなったといえます。

*ワンランク上の仕上がりに

ハイブリッド塗料は、粘性が調整され均一に伸ばしやすいため、艶が出てきれいな光沢が長持ちしやすくなることも大きなメリットです。
さらにハイブリッド塗料には多くの場合親水性があり、雨によって汚れが流されやすいこともその外観を保ちやすい理由の1つであるといえます。

□まとめ

今回は、ハイブリッド塗料とは何か、ハイブリッド塗料のメリットについて解説しました。
本記事を読んだ多くの方に、ハイブリッド塗料の素晴らしさが伝わっていたら嬉しいです。
当社は千葉市にて外壁塗装や屋根工事を行っています。
千葉市周辺で外壁塗装をお考えの方はぜひ当社にご相談ください。


雨の日に外壁塗装はできるのか解説します!

小雨であっても、塗装会社から雨が降っていることを理由に工事を中断してしまうケースがあります。
少々の雨であれば、工事を進めて欲しいと感じる方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、雨の日に外壁塗装はできるのか解説していきます。
また、雨以外にも外壁塗装ができない日も併せて紹介します。

□雨の日に外壁塗装はできる?

結論から申しますと、雨の日に外壁塗装はできません。
雨と外壁塗装は大敵と言われているのです。

それでは、なぜ雨の日に外壁塗装はできないのでしょうか。
雨の日に外壁塗装ができない理由は主に3つ挙げられます。

*塗料が雨で流されてしまう可能性があるため

塗装面に雨が付着してしまうと、塗料が雨で流されてしまう恐れがあるのです。
塗料は絵の具のように色が流れるわけではありませんが、雨だれという劣化症状になってしまうと、塗膜が薄くなります。
雨だれとは、外壁に付着していたさまざまな汚れが雨によって洗い流され、黒い跡になって残った汚れです。
塗膜が薄くなると、防水や耐候性などといった塗料の機能が低下してしまうのです。

*施工不良の原因になるため

塗料が水分を含んだ状態で乾燥してしまうと、水分が蒸発し、「膨れ」が生じてしまいます。
膨れがさらに劣化してしまうと、「破れ」になってしまうのです。
このように塗膜が薄くなった部分に破れが起きることで、塗料の機能を失い、雨漏りの原因になってしまいます。

*見た目の仕上がりが悪くなるため

前述した通り、雨の日に外壁塗装を行うと雨だれを引き起こしてしまう恐れがあります。
雨だれは黒ずんだ外壁になることから、家の見た目が悪くなってしまうのです。

□雨以外にも外壁塗装ができない日はいつ?

雨以外にも、外壁塗装を行ってはいけない日は以下の通りです。
・強風の日
・大地震発生日

強風の日は職人の安全面から外壁塗装を行わない日になります。
加えて、強風によってほこりやチリなどが飛び散ってしまい、塗装の仕上がりに悪影響を与えてしまいます。

次に、大地震発生日が挙げられます。
地震は予想できるものではありませんので、施行中に起きた場合は施工中断になる可能性が高いです。
ただし、少しの揺れを感じるだけの地震であれば施工が取りやめになることはありません。
震度6以上の大きな地震が発生した際には施工が中止になることがあるでしょう。

□まとめ

今回は雨の日に外壁塗装ができないことと、外壁塗装ができない日について解説しました。
塗料や職人の安全面から、雨の日には外壁塗装は行われません。
当社では、お客さまにとって理想的な外壁塗装を行っております。
まずは、お気軽にご相談ください。


外壁塗装と屋根塗装は同時期に行うメリットについて紹介します!

塗装工事と聞くと、外壁塗装を思い浮かべる方は多くいらっしゃるでしょう。
ただし、屋根のメンテナンスを行う屋根塗装も重要な工事です。
どちらも塗装が必要な際には、外壁と屋根の塗装を同時に行う方法もあるのです。
そこで、今回は同時塗装のメリットや費用相場について解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

□外壁塗装と屋根塗装を同時期にするメリットとは?

外壁塗装と屋根塗装を同時期に行うメリットとして3点挙げられます。

1つ目は、費用が安くなることです。
費用が安く済む理由は、足場の設置が1回で済むためです。
塗装するケースによって異なりますが、足場の費用は30坪程度の住宅であれば1回設置するのに20万円から30万円ほどかかるでしょう。
したがって、外壁と屋根塗装を同時に実施することで、足場の費用が1回分に収まるのです。

2つ目は、依頼の手間が済むことです。
塗装工事には、現地調査や工事の打ち合わせ、日程の調整などを行う必要があるので、手間がかかってしまいます。
そもそも、業者を選ぶことは最も難しいことです。
そのため、同時塗装ではこのような手間が一回で済むので、負担が軽減されるでしょう。

3つ目は、デザインを統一しやすいことです。
同時塗装することで、外壁と屋根のデザインを統一しやすいことが挙げられます。
もちろん、同時塗装をしないことで統一感が出ない訳ではありません。
しかし、別々に打ち合わせをすることで、想像していたイメージと異なったということも少なくありません。

□外壁塗装と屋根塗装の費用相場はどれくらい?

約30坪ほどの住宅を想定すると費用は以下の通りです。

・同時塗装では100万円から140万円
・外壁のみでは70万円から100万円
・屋根のみでは60万円から80万円

上記から見て分かるように、同時塗装にすることで約30万円から40万円ほど安くなることがお分かりになるでしょう。

外壁と屋根塗装を同時に行う際の費用の内訳は以下の通りです。
これらの費用相場は塗装環境や使用する塗料によっても異なりますので、あくまで目安としてご覧ください。

・足場の設置は20万円程度
・養生は10万円程度
・高圧洗浄は3万円程度
・下地処理は4万円程度
・塗装は40万円から70万円程度

□まとめ

今回は同時塗装を行うメリットと費用相場について紹介しました。
同時塗装することで費用は安く収まります。
当社では、お客さまに外壁塗装と屋根塗装を行っておりますので、何かお悩み事があればお気軽にご相談ください。


大雨の時だけ雨漏りする理由は?雨漏りの対策法も紹介します!

小雨の時には雨漏りしないものの、大雨の時だけ雨漏りを繰り返すといった現象で悩まれている方はいらっしゃいませんか。
雨漏りを放置していると、住宅全体に悪影響を与えますので、可能な限りお早めに対処する必要があります。
そこで、今回は大雨の時だけ雨漏りする原因や対処方法について紹介します。

□大雨の時だけ雨漏りする理由とは?

大雨の時だけ雨漏りを繰り返す理由は大きく3つに分けられます。

1つ目は、シーリング剤の劣化が原因のケースです。
シーリングとは、接着性がある素材で、目地の隙間を塞ぐ働きをするものです。

しかし、日が経つことによってシーリングの劣化が進むと、ひび割れや剥がれを引き起こしてしまいます。
それらによってできた隙間から雨が浸入し、雨漏りを引き起こすのです。
小雨であれば住宅の内部に浸入しませんが、大雨だと雨漏りになってしまいます。

2つ目は、外壁のクラックが原因のケースです。
外壁にサイディングボードを使用している住宅は非常に多いです。
サイディングは、コストパフォーマンスが良く、デザイン性にも優れています。
ただし、劣化してしまうとひび割れを発生させてしまうことには注意しなければなりません。
特に強風雨の際には、雨漏りを引き起こしやすいでしょう。

3つ目は、外壁や屋根の劣化が原因のケースです。
日々のメンテナンスを怠っていると、外壁や屋根の劣化によって雨漏りが生じてしまいます。
これらには、部分的なひび割れ以外にもさまざまな要因が重なって雨漏りしているケースも多いので、まずはメンテナンスをしましょう。

□あらかじめできる雨漏り対策の方法は?

台風や大雨に備えて、今からできる雨漏り対策を2つ紹介します。

*ご自身で雨漏りしそうな箇所をセルフチェックする

台風や大雨が降る前に、ご自身で家の状態を確認しておきましょう。
専門家でなくても、可能な範囲をチェックしておくことは重要事項です。
特に以下のポイントについて確認すると良いでしょう。

・カビくさくないか
・室内の色の変化はないか
・ひび割れはないか
・腐食箇所はないか

*必要なものを揃えておく

バケツやブルーシート、雑巾などは雨漏りに備えて用意しておきましょう。
雨の中、外に出てブルーシートを屋根にかぶせることは危険ですので、行わないようしましょう。
その代わりに、雨漏りした際には床にブルーシートを敷いて応急措置をしましょう。

□まとめ

今回は、大雨の時だけ雨漏りする際の対策法について紹介しました。
雨漏りした際には放置せずに、お早めに対処するようにしましょう。
当社では、お客様に外壁塗装を行なっておりますので、まずはお気軽にご相談くださいね。


雨漏りが繰り返す原因は?雨漏りが起こらない修理方法を紹介します!

「繰り返す雨漏りに悩まされている」
「繰り返し起きる雨漏りの修理方法を知りたい」
このように悩まれている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、繰り返して雨漏りが起きる原因と雨漏りの修理方法について解説していきますので、雨漏りに悩まされている方はぜひ今回の記事を参考にしてください。

□繰り返して雨漏りが起きる原因とは

繰り返して雨漏りが起きる原因は主に4つ挙げられます。

1つ目は、劣化が激しいことです。
雨漏りが繰り返して起きるのは、住宅全体の経年劣化が挙げられます。
特にこの場合は、雨漏りの浸入口が1箇所ではなく複数箇所であるケースがほとんどですので、1箇所を修理しても雨漏りを繰り返すのです。

2つ目は、未熟な施工です。
雨漏りに対して適した工事が行われていなければ、雨漏りを繰り返してしまうでしょう。
雨漏りでは降雨の条件が異なります。
したがって、不適切な工事だと雨漏りは治らず、強い雨が降ると雨漏りの状態になってしまうのです。

3つ目は、原因が把握できていないことです。
雨漏りの原因を特定することは、実は容易なことではありません。
雨漏りの原因は屋根にあるとお考えの方も多いと思われますが、外壁が原因であるケースも少なくありません。

4つ目は、建物への理解不足です。
木造とコンクリート造では雨漏りの対処法は異なります。
具体的には、木造は雨漏りの原因が真上であることが多く、コンクリート造だと真横から雨が浸入するケースも多いのです。
増築の繋ぎ目の構造を把握していないと雨漏りを止められないでしょう。

□雨漏りの修理方法とは

適切な雨漏りの修理方法を理解しておくことで、後にトラブルを発生する可能性を下げられます。
ここでは雨漏りの適切な工事について、以下の3ステップで行われます。

・雨漏りの原因把握
・適した工事
・施工後の検証

3つの方法の中でも、雨漏りの原因特定は最も大切と言っても過言ではありません。
前述した通り、雨漏りの浸入経路は1箇所とは限りません。
目視や触診以外にも散水試験、赤外線サーモグラフィーを用いて原因調査すると、より雨漏りの原因を特定しやすいのです。

また、雨漏りの修理は、部分補修で完了するケースもあれば大きな工事を要するケースもあります。
適切な工事の見積もりや工事内容を説明してもらい、納得できたうえで工事を進めましょう。

□まとめ

今回は繰り返し発生する雨漏りの原因と、修理方法について紹介しました。
当社では雨漏りに対して適切な修理をいたしますので、お気軽にご相談くださいね。
繰り返す発生する雨漏りに対するお悩みを今回を機に解消しましょう。


12345...1020...