外壁塗装のビフォーアフター画像を施工例とあわせて6つ紹介

「外壁塗装のビフォーアフター画像を見てみたい」
「高額な費用がかかる外壁塗装で失敗したくない」

このようなお悩みを持っている方もいるのではないでしょうか。

外壁塗装はそれなりに費用がかかりますが、お家の雰囲気を変えたり家の寿命を延ばしたりするために必要なことです。

本記事では、施工事例をビフォーアフター画像とあわせてご紹介します。

外壁塗装を依頼する前に知っておくべき内容やよくある疑問も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

外壁塗装のビフォーアフター画像を紹介

千葉県千葉市稲毛区で屋根・外壁塗装工事を行なったお客様の声

外壁塗装のなかでも、主にひとつのカラーを中心に塗装した場合のビフォーアフター画像をご紹介します。

・既存外壁の色のイメージを残しつつ塗装したパターン
・外壁の色を大きく変えて塗装したパターン
・塗装でコーキングの継ぎ目を目立たなくしたパターン

ビフォーアフターで印象が変わりますので、ぜひご覧ください。

 

既存外壁の色のイメージを残しつつ塗装したパターン

<ビフォー>

<アフター>

こちらは、既存外壁の色のイメージを残しつつ塗装したパターンです。

既存外壁の色が気に入っている方は、同系色で外壁塗装する方も多くいます。

同系色で外壁を塗装すれば、住まい全体の印象を大きく変えず、明るくてキレイな外観になります。

 

外壁の色を大きく変えて塗装したパターン

<ビフォー>

<アフター>

外壁塗装の色を大きく変えて塗装したパターンでは、住まい全体の印象が変わります。

ビフォーの外壁では雨だれなどによる黒ずみもみえますが、アフターではスタイリッシュに仕上がっています。

ドアや窓枠の色との相性もよく、スッキリとした印象になりました。

 

塗装でコーキングの継ぎ目を目立たなくしたパターン

<ビフォー>

<アフター>

塗装でコーキングの継ぎ目を目立たなくしたパターンでは、継ぎ目が目立たないことで全体の統一感が出ました。

雨風の汚れが蓄積しやすい継ぎ目に塗装をすることで、汚れの付着を防ぎ同系色でも明るい印象になります。

 

外壁塗装(ツートン)の施工例を紹介

ツートンカラーの外壁塗装を検討している方は、なるべく多くの施工事例を見ることをおすすめします。

色の組み合わせだけでなく、どこで色分けするかで印象が大きく変わるからです。

ツートンカラーの外壁塗装の施工事例を3つ紹介します。

・薄い茶色から青と白のツートンへ塗装
・青と白のツートン外壁を塗装
・赤茶色から白と青のツートンへ塗装

単色からツートンへ塗装した事例や、ツートンからツートンに塗装した事例もありますのでご覧ください。

 

薄い茶色から青と白のツートンへ塗装

<ビフォー>

<アフター>

薄い茶色系のツートンから青と白のツートンへと外壁塗装した事例です。

同系色の柔らかい印象のツートンから、色の差がはっきりと分かるツートンに変更されたので、住まい全体の印象が大きく変わります。

白は基本的にどのような色とも相性がよいので、いろいろな組み合わせが考えられます。

 

青と白のツートン外壁を塗装

<ビフォー>

<アフター>

既存外壁が気に入っている場合は、色味や配色を大きく変えず塗装します。

白色の外壁部分は、どうしても年数が経過すると雨風による汚れが目立やすいです。

しかし、外壁塗装したことで汚れがなくなり全体的に明るい印象になりました。

縦に色分けしたツートンは、スッキリとしたスタイリッシュな印象を与えます。

 

赤茶色から白と青のツートンへ塗装

<ビフォー>

<アフター>

赤茶色の単色から白と青のツートンへ塗装した施工事例です。

階の上下でツートンにすると、全体のバランスも良くなります。

ツートンの色分けパターンのなかでも、もっとも多い色分けの方法です。

全体的なバランスも良く、おしゃれな感じの仕上がりになっています。

 

外壁塗装を依頼する前に知っておきたいこと

外壁塗装を依頼する前に知っておきたいことは3つあります。

・濃い色から薄い色への塗装は難しい場合がある
・周りと浮かないよう注意する
・信頼感のある業者か確認する

特に3つ目の「信頼感のある業者か確認する」ことは、見た目だけでなく建物の寿命にもかかわってくるので、ぜひご覧ください。

 

濃い色から薄い色への塗装は難しい場合がある

外壁の色を変更する場合、濃い色から薄い色への塗装には注意しましょう。

濃い色から薄い色に変更する場合は、一度塗っただけではキレイに色が表現できない場合があるからです。

何度も塗装を繰り返すと、その分料金も高くなってしまいます。

これから家を建てる人は、濃い色の外壁にすると薄い色の外壁への塗り替えが難しいと認識しておきましょう。

すでに濃い色の外壁があるお家で、新しく薄い色に塗り替えしたい場合には業者へ相談してください。

どうしても薄い色に塗り替えたい場合は、外壁材の張り替えが必要になる場合もあります。

 

周りと浮かないよう注意する

外壁塗装する際には、塗装したい色と周りのバランスを考えるのも大切です。

いざ外壁塗装をしてみると、全体的なバランスがおかしくなってしまう場合があります。

下記のポイントを意識して、全体的なバランスを考えながら色を決めてください。

・ドアや窓枠、屋根との色のバランスは大丈夫か
・周囲の住宅の色から浮いてしまわないか

周りから浮いてしまわないか気になる方は、塗装業者へ相談してみましょう。

 

信頼感のある業者か確認する

外壁塗装を依頼するときは、信頼できる業者かどうか確認することが大切です。

技術力がない業者の場合、キレイな仕上がりにならないかもしれません。

外壁塗装は住まいを長持ちさせるメンテナンス方法の1つです。

見た目だけの問題でなく、耐水性などに悪影響が出る可能性もあります。

施行後の仕上がりを大きく左右するので、業者は信頼できるところに依頼しましょう。

東金市の外壁塗装・屋根塗装のマナカリフォームはGoogle口コミ評価4.9(2023年2月現在)と高評価を頂いております。

高評価を頂けている理由は、下記のような取り組みの結果です。

・無料で外壁や屋根の診断を行う
・10年以上の経験を持つ職人が施行
・誠実な対応、マナー、礼儀を大切にする

ご相談があれば、施行中でも手を止めて丁寧に対応いたします。

スタッフの顔がわかる会社マナカリフォームにぜひご相談ください。

 

外壁塗装のビフォーアフターに関するよくある疑問

外壁塗装のビフォーアフターに関するよくある疑問について回答していきます。

・外壁塗装は何年もつ?
・一戸建ての外壁を塗装する場合の色は何がおすすめ?
・汚れが目立たない外壁の色は?
・築50年の古い家は外壁塗装と外壁リフォームのどちらがおすすめ?

「外壁塗装をすれば、何年もつのか?」「なるべく汚れが目立たないようにしたい!」と考えている方もいるのではないでしょうか。

耐用年数や、汚れが目立たない色などについてご紹介していきます。

 

外壁塗装は何年もつ?

外壁塗装の耐用年数は、塗料によって変わってきます。

塗料によって、素材や成分の配合量が異なるからです。

外壁塗装の場合の耐用年数は、下記のとおりです。

・ウレタン塗料:5〜10年
・シリコン塗料:7〜15年
・フッ素塗料:12〜20年
・無機塗料:18〜20年

最近では、耐用年数の長い無機塗料が主流になっています。

外壁塗装の耐用年数は、外壁材の種類や周囲の環境によっても変化します。

上記の耐用年数はあくまで目安としてください。

 

一戸建ての外壁を塗装する場合の色は何がおすすめ?

外壁を塗装する場合におすすめの色は、現在の外壁の色や周辺の家とのバランスによっても変わってきます。

「この色にしたい!」という希望があれば業者に相談するのがおすすめです。

どの色がよいか悩むという方に、最近の人気色をご紹介します。

・ベージュ、クリーム系
・茶色(ブラウン)系
・グレー系

ベージュ・クリーム系の色は温かみがある印象で、周囲の景観にもなじみやすいので人気の色です。

茶色(ブラウン)系とグレー系については、次の「汚れが目立たない外壁の色は?」のなかで人気の理由をご紹介します。

 

汚れが目立たない外壁の色は?

茶色(ブラウン)系とグレー系の色もベージュ・クリーム系に次いで人気の色になっています。

人気の理由は、汚れが目立ちにくいからです。

茶色(ブラウン)系は、土ぼこりの汚れが目立ちにくいため、風が強い地域でおすすめです。

グレー系は黒ずみが目立ちにくい、という特徴があります。

汚れが目立ちにくく周囲の景観にもなじみやすいので、茶色(ブラウン)系やグレー系も人気の色となっています。

 

築50年の古い家は外壁塗装と外壁リフォームのどちらがおすすめ?

築50年の住宅であれば、外壁塗装よりも外壁リフォームの検討をおすすめします。

外壁材や下地も劣化している可能性が高く、せっかく外壁塗装しても長持ちしない恐れがあるからです。

外壁リフォームには下記の施工方法があります。

・既存の外壁の上から外壁材を施工する「カバー工法」
・既存外壁を解体し、新しい外壁材を施工する「張り替え工法」

信頼できる業者と相談して、どのような方法で対応をすすめましょう。

 

ビフォーアフター画像など実績を確認してから外壁塗装業者へ依頼しよう

本記事でご紹介した内容をまとめます。

・失敗するリスクを下げるならビフォーアフター画像のチェックがおすすめ
・依頼する前に、外壁の色に関する基礎知識をつけておく
・周辺環境になじむ色や汚れが目立ちにくい色が人気

とくに、依頼する前の基礎知識として「信頼できる業者を見つける」ことが大切です。

外壁塗装は、職人の腕によって仕上がりに違いが発生します。

施工事例のビフォーアフター画像をホームページに掲載しているかなど、実績を確認できる業者がおすすめです。

大切な住まいのメンテナンスである外壁塗装で失敗しないためにも、実績を確認してから業者に依頼しましょう。

監修者プロフィール
間中明世

マナカリフォーム株式会社
代表取締役 間中明世

保有資格:

足場作業主任者・石綿作業主任者・石綿含有建材調査者・アステックペイント技術研修会 修了

業界歴・経歴:

塗装工事に従事し13年以上。1,000棟以上の塗装工事に携わり独立後は千葉市/四街道市で674棟以上の塗装工事を実施

出身地:

千葉県千葉市稲毛区

私は8年間、下請けの現場作業員として勤務していました。
仕事自体は好きでしたが、元請けの仕事のやり方で何度か嫌な思いをした経験があります。例えば本来正面の1面だけでよい足場を、4面にかけて不要な費用を発生させるなどです。その他にもお客様への向き合い方で大小さまざま、疑問に感じることがありました。ただ元請け先との関係から何も言い出せない、そんな現状に悩み続ける毎日を過ごしておりました。
「もっと誠実にお客様と向き合いたい」「工事で失敗する方を減らしたい」
という想いが日に日に強くなり、マナカリフォーム株式会社を立ち上げるに至りました。
創業時の想いと「常に誠実・正直」を信念に、お客様を裏切らない仕事をお約束します。

お気軽にご相談
お問い合わせください!

外壁 外壁
屋根 屋根
防水 防水

専門スタッフが、親身にお話を伺います!

どんなご質問にも
丁寧にご説明します!

豊富な仕入れ量で
コストカットできます!

ご相談・お見積もりは
無料です!

お電話でのお問い合わせ お見積もり・ご相談無料!24時間受付中!